Uncategorized

【下野紘】唐揚げが支えた下積み時代|聖地中津伝説のお店・場所は?

【下野紘】唐揚げが支えた下積み時代|聖地中津伝説のお店・場所は?

下野紘さんと言えば、世界的に大ヒットとなっているアニメ『鬼滅の刃』で主人公の竈門炭治郎とともに鬼と戦う鬼滅隊の同期である我妻善逸を演じたことで有名な声優さんですよね。

普段は頼りないけど何処か憎めない、それでいて本気を出したら強くてカッコイイかなりギャップがある性格のキャラクターを見事に演じ分けていて、下野さんの声とその演技が漫画のイメージにぴったりだったと思った人も多かったのではないでしょうか。

そんな下野さんの大好物は唐揚げなんですが、普通の人が言う大好きを超えるほどの『からあげ愛』がスゴイんです!

そこで今回は、下野紘さんが唐揚げがどのくらい好きなのかわかるエピソードを交えながら7月9日放送でゲスト出演する『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系列)の番組内で明かされる、下積み時代を支えた思い出の唐揚げの味や、聖地・中津にある伝説の唐揚げ店やその場所がどこにあるのかを調べていきます。

 

下野紘さんってどんな人?

声優になりたいと思った中学時代の夢を叶え、今や知らない人がいないほどの人気と実力を兼ね備えた下野さんについて調べていきます。

下野紘さんプロフィール

名前 下野紘(しもの ひろ)
生年月日 1980年4月21日(41歳)
出身地 東京都
職業 声優、歌手、ナレーター
愛称 しもんぬ、ひろたん

今年で41歳になった下野さんですが、見た目が若いですから30代前半でもいけそうですす。

声優のお仕事では、『鬼滅の刃』の我妻善逸の他にも『進撃の巨人』のコニー・スプリンガーなど、人気作品に出演されていて、『鬼滅の刃』は、セカンドシーズンである遊郭編が今年の秋頃に放送を予定していますから、かなりハードな毎日を過ごしているのではないでしょうか。

そんな多忙な下野さんですが7月2日に新型コロナウイルス感染症の陽性と判定されたと所属事務所であるアイムエンタープラズから発表がありました。

療養及び経過観察中とのことですから、ここは無理せずにご自愛いただきたいです。

ご本人の公式Twitterで、ファンからの言葉にツイートされている姿もありますから回復を待って、また元気な姿をファンの前に見せて欲しいですね。

下野さんは無類の唐揚げ好き

唐揚げがとにかく大好きだという下野さんは、自身がパーソナリティを務めたラジオ番組内で唐揚げの美味しい食べ方を募ったり、自ら考えたレシピを紹介するなど唐揚げ好きとして広く認知されていきました。

その後も美味しい唐揚げ店を巡るというDVDを出したり、コンビニの大手ローソンの人気商品である『からあげクン』のキャンペーンキャラクターに関わるなど、声優以外でも完全に自分の好きが仕事になっていますから、羨ましい限りですよね笑

日本唐揚協会のベストカラアゲニストを8年連続で受賞

日本唐揚げ協会が『唐揚げをこよなく愛する人』を一般から投票を受け付けて、上位者を『ベストカラアゲニスト』として表彰しています。

日本唐揚げ協会とは、唐揚げを食べると幸せになれる唐揚げ好きな人たちによって運営されていますが、(https://www.facebook.com/karaagenist)

この『ベストカラアゲニスト』を声優部門でなんと8年連続で受賞されていますから、自他ともに認める無類の唐揚げ好きなのがわかりますね。(8年連続は下野紘さんだけです笑)

唐揚げが支えた下積み時代、思い出の味とは?

7月9日(金)に放送される『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の中で、下積み時代に食べた唐揚げについても語られるようです。

15年ぶりの思い出の味とありましたから唐揚げ好きには、どんな唐揚げなのか興味でしかないですよね。

唐揚げ好きで自らも調理をする下野さんですが好みの唐揚げは母親が作ってくれた醤油に鶏肉を漬け込み揚げるオーソドックスではあるけど、ある意味王道とも言える唐揚げなんだそうです。

このお袋の味ともいえる唐揚げを自分でも作って食べていたそうなので、今回の番組内で下野さんの母親が登場して、15年ぶりに大好きな唐揚げをたらふく食べながら下積み時代を語る展開もあるのではないでしょうか。

なんだか、無性に唐揚げが食べたくなってきました笑

聖地・中津伝説の唐揚げ店、場所は?

そもそも、唐揚げの聖地と中津が呼ばれるのは何故なんでしょうか?それは、大分県中津市が日本で初めての唐揚げ専門店が誕生したからなんですが、

では、聖地と呼ばれる中津にある数ある唐揚げ専門店の中で、中津伝説の唐揚げ店は何処にあるのでしょうか?

下野さんが番組内でオススメしている『聖地・中津伝説の唐揚げ店』について調べていきます。

元祖!中津からあげ もり山(大分県中津市)

中津で伝説の唐揚げ専門店。。と考えて真っ先に思い浮かぶのが、『元祖!中津からあげ もり山』です。
中津で何処の唐揚げが美味しいのかと聞かれたら、真っ先に名前が上がること間違いなしの唐揚げ好きなら知らない人がいないくらい超有名なお店なんです。
有名なのは分かったけど、なぜ『元祖!中津からあげ もり山』が聖地中津の伝説のからあげ店として選ばれるのかの理由を知りたいですよね。

それは、この『元祖!中津からあげ もり山』が、1970年から日本で最初に唐揚げ専門店『森山からあげ店』として創業を開始したお店であり、現在の中津からあげの礎を築いたまさに伝説のお店だからなんです。

しかも現在もこちらのお店は、日本唐揚げ協会が毎年開催している『からあげグランプリ』で第1~5回、7回、9~12回(12回は2021年)の塩ダレ部門で最高金賞を受賞し続けていて、
大分県の聖地と呼ばれる唐揚げ激戦区である中津にあって、ダントツに美味しい唐揚げを作っている伝説的なお店ですから、下野さんが薦めないなんてあり得ないのではないでしょうか。
『元祖!中津からあげ もり山』の場所は、
  • 【JRの場合】日豊本線 中津駅よりタクシーで約5分
  • 【お車の場合】大分自動車道 宇佐ICより約10分
                            コチラです⬇️

さらに全国の唐揚げファンに朗報です!

『元祖!中津からあげ もり山』にはオンラインショップがあって、現地に行かなくても美味しい唐揚げをゲットすることが出来るっていうんですから、良い時代になったものです。

どんなものがあるのか気になったら、

もり山さんのホームページをチェックしてみてください。

https://morikara.net

 

 

庄助とりからあげ 長洲店 (大分県宇佐市)

『庄助とりからあげ 長洲店』は中津市のお隣、大分県宇佐市にある唐揚げ店で、唐揚げの聖地とされている中津ではないのになぜピックアップしたかと言いますと、こちらのお店も伝説の唐揚げ専門店であるからなんです。

どういうことかと言うと、日本で初めてのからあげ専門店である『からあげ庄助』を創業した唐揚げ専門店発祥のお店なんです。当時の大分県北部に存在した唐揚げ専門店はこの『からあげ庄助』だけだったそうですから、このお店があったおかげで現在の大分県中津の唐揚げが聖地として発展した可能性は否めないですよね。

『庄助とりからあげ長洲店(旧からあげ庄助)』の場所は、

・最寄りの柳ケ浦駅から247m

                            コチラです⬇️

注文を受けてから揚げたてを提供してくれますから、熱々ジューシーな唐揚げを食べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ベストカラアゲニストである下野さんが大好きな、唐揚げの聖地とされる中津伝説のお店について調べてきましたが、

気になる正解は、7月9日(金)放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』番組内で聖地中津伝説のお店や、下野さん思い出の唐揚げは何だったのか確認してみてくださいね。

聖地とされる中津は、隣接する宇佐市などを合わせると60 店以上の唐揚げ専門店が軒を連ねているそうです。

私たちも、唐揚げがソウルフードとなっている地元の人たちが足繁く通う場所でもありますが、コロナが落ち着いたら一度は行ってみたいですね。