芸能

【死去】古賀稔彦氏の病気は「がん」|ステージ、入院先の病院はどこ?

バルセロナ五輪の柔道で金メダルを獲得した、古賀稔彦氏が53歳という若さでお亡くなりになりました。

3月24日の朝に息を引き取ったそうです。具体的な死因は公表されていないそうですが、古賀稔彦氏は癌(がん)で闘病していた過去があったそうです。

1992年のバルセロナオリンピックでは、とても綺麗な背負い投げに多くの観客が魅了されました。

最近の近況は全く情報がなかったため、がんで闘病していたという事実に驚いている方も多いようです。

【死去】古賀稔彦の病気は「がん」|ステージはいくつだったのか

がんを患い、闘病生活をしていた古賀稔彦氏はどれくらい症状が進行していたのでしょうか。

過去にガンで亡くなられた小林麻央さんは、ステージ4であると言われていました。

体のどの部分のがんなのかで、生存率は異なる様ですが、ステージ1〜4があり、4は「末期がん」と言われています。

ステージ4のがんで闘病していた有名人は、小林麻央さん、堀ちえみさんなどがいます。

古賀稔彦さんも以前から闘病生活を続けていたそうなので、ステージ4まで進行していた可能性も考えられそうです。

【死去】古賀稔彦の病気は「がん」|入院先の病院はどこ?

古賀稔彦氏が闘病していた病院はどこなのか気になります。

オリンピック金メダリストである古賀稔彦氏が一般の病院に入院していたとも考えにくいですよね。

東京都内には芸能人御用達といわれている病院がいくつかあるそうです。

有名なところで、「慶應義塾大学病院」「山王病院」「三井記念病院」「聖路加国際病院」があります。

古賀稔彦氏は神奈川県に柔道教室を開いていたそうなので、関東在住だったと思われます。

自宅もこの付近であったと考えると、「京浜総合病院」「虎の門病院」「高津中央病院」なども考えられそうです。

いずれにせよ、長い闘病生活の末、息を引き取られたので誠心誠意治療に専念していたと思われます。