芸能

皆藤愛子の病気は突発性難聴|競馬番組は降板?・今後の活動や現在も

皆藤愛子の病気は突発性難聴|競馬番組は降板?・今後の活動や現在も

タレントの皆藤愛子さんがインスタで突発性難聴を公表しました。土曜日レギュラーを務める「BSイレブン競馬中継」は休み、東幹久さんが代理を務めるとのことです。

皆藤愛子さんといえば、めざましテレビのお天気お姉さんとしてお茶の間で大変人気を博していました。

2007年には「好きなお天気お姉さんランキング」で堂々の女性1位を3回連続勝ち取ったこともあります。

その後も「めざましアクア」や「めざまし土曜日」など朝の顔として10年間もめざまし系列の番組を務めてきました。

最近では競馬チャンネルなどで活躍していたそうですが、体調不良で番組を欠席していました。まさか突発性難聴だったなんて驚きです。

皆藤愛子の病気は突発性難聴|現在療養中

皆藤愛子さんの病気は突発性難聴とのことですが、どのような病気なのでしょうか。

皆藤愛子が発症した突発性難聴とは

 突発性難聴とは

突発性難聴は、突然、左右の耳の一方(ごくまれに両方)の聞こえが悪くなる疾患です。音をうまく感じ取れない難聴(感音難聴)のうち原因がはっきりしないものの総称で、幅広い年代に起こりますが、特に働き盛りの40~60歳代に多くみられます。
突発性難聴とは

後発性の病気で、40代から60代の世代で多くみられる症状のようです。

皆藤愛子さんは現在37歳ですので、まさに働き盛りの世代です。

突発性難聴が発生しやすい年代であったようです。

多くは片方の耳が聞こえなくなる病気のようです。

皆藤愛子が発症した突発性難聴は治るの?

発症後1週間以内に、それらによる適切な治療法を受けることで、約40%の人は完治し、50%の人にはなんらかの改善がみられます。ただし、治療開始が遅れれば遅れるほど治療効果が下がり、完治が難しくなってしまうので、注意が必要です。
突発性難聴とは

1週間以内に治療を受けることで9割以上の人が症状が良化するようです。

しかし、高音が聞こえなくなるなどの一部の症状しか発症しない人もいるため、自分が突発性難聴であると気が付きにくい人が多いことも実際にはあるそうです。

 

「1週間以内」って結構短いですよね。実際に症状がいつから発生していたのかもわからないからあまり時間的な余裕はないと思われます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆藤愛子(@aiko_kaito_official)がシェアした投稿

皆藤愛子さんは少なくとも先週の土曜日( 5月8日)の番組から欠席していたとの情報があるため、5月14日でギリギリ1週間です。

 

病院で診断されたのはもっと前からもしれませんので、とりあえずは完治する可能性もあるようです。

 

皆藤愛子が発症した突発性難聴を患った芸能人

  • KinKi Kidsの堂本剛
  • スガシカオ
  • 山本譲二
  • 浜崎あゆみ
  • 元Wink 相田翔子
  • サカナクション 山口一郎

多くの芸能人が突発性難聴にかかった経験があるようです。特にこうしてみると音楽活動をしている人の割合が非常に多いです。

前項では、ストレスや疲労、睡眠不足が原因となりうることを記載しましたが、耳に過度な負担がかかる状況も少なからず影響してそうです。

皆藤愛子|競馬番組(中継)は降板?・今後の活動

  • JRA競馬中継 土曜日
  • ゴゴスマ 月曜日
  • BSイレブン競馬中継
  • SDGsファイルチェンジ・ザ・ワールド 日曜
  • うまナビ!イレブン

最近は30代後半ということもあり、めざましテレビからは離れ、競馬番組に出演しているようです。

競馬自体は未経験だったようですが、着々と吸収していっているとのこと。

 

 

突発性難聴のため治療に専念する必要があるため、しばらく出演できない状況となるでしょう。

また、笑顔あふれる皆藤愛子の出演を楽しみに待ちましょう。