事故

ルネサス火災原因は放火?中国のテロ?|メッキ装置の製造メーカーはどこ?

 

 

3月19日半導体大手メーカーのルネサスエレクトロニクスの那珂(なか)工場で火災が発生した事件で、復旧が長期化する懸念があるようです。

 

21日時点では、「1カ月以内に操業再開」と発表していましたが、22日に専門家から「完全復旧までには半年かかる」との見解が出ていることが明らかとなりました。

 

半導体は、皆さんが利用しているスマホやパソコン、5Gの基地局から自動車までありとあらゆるデバイス・機器装置に利用されています。

 

電力の制御や計算・記憶などの役割を担っており、AIが台頭する現代社会において画期的な製品開発の要となっているのが現状です。

 

ひと昔前までは、「産業のコメ」なんて言われていたのですが、今でも価値が高いということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

今回火災が発生したルネサスの那珂(なか)工場は自動車向けの半導体製造の根幹です。

 

主要取引先には、トヨタ自動車などがあり、日本の自動車産業は打撃を免れない事態となりそうです。

 

今回はルネサスの火災の原因について、SNSで囁かれている噂や発生原因についてまとめました。

 

ルネサス火災原因・場所・装置

 

那珂工場N3のクリーンルームで火災が発生

 

火災が発生したのは、那珂工場のクリーンルームと呼ばれる場所です。

ルネサスの那珂工場は、N1からN3、NS棟、NT棟に区分されており、今回火災が発生したのは、N3にあるクリーンルームでした。

N3は2階建てで高さはなく、今回火災が発生したクリーンルームは1階にありました。

 

製造業は、JIS規格やISOに基づき品質管理を行い、高品質な商品を提供しています。

 

クリーンルームの役割としては、湿度や気温、空気環境を一定の水準に保つことで、製品にゴミや不純物が混入するのを防ぐ役割があるのです。

 

今回火災が発生したN3では1階と2階がクリーンルームとなっていましたが、各フロアで役割が異なっていたことから、

1階部分が火事の被害にあったことで2階も機能しなくなってしまったものと思われます。

 

【画像あり】那珂工場N3クリーンルームの現場の被害

 

【被害の様子】

原型をとどめていない状態です。5時間半にわたり炎上していたようなので。被害は相当大きなものと思料。

 

よりによって設備環境が重要となるクリーンルームが被害にあってしまったことから大きな実損が出るのは間違いなさそうです。

 

とてもじゃないですが、この状態から1カ月で復旧できるとは思えません。

 

【被害前の状態】

 

ルネサスの工場は2011年の3.11震災でも大きな被害に見舞われた経緯があります。その際は、3月に被害にあってから同年9月には震災前の出荷レベルを超過するまでに回復されていました。

 

地震による被害と火災による被害ではダメージの受け方が異なりますが、過去の復旧の経緯を考えても、上述した専門家の「半年はかかる」という見解は的を得ているように思います。

ルネサス火災原因(理由)は『過電流』|放火や中国のテロといった噂も

 

ルネサス火災原因(理由)は『過電流』

 

今回の出火原因は『過電流』であるとされています。

過電流は2つにわけられ、①ショート ②使いすぎ のどちらかが要因出る可能性が高いです。

ショートは、誤った配線設計などで発生し、使いすぎは過剰に稼働させることによるものです。

 

ルネサス火災原因(理由)は放火?|放火や中国のテロといった噂も

 

ルネサスの火災原因は『過電流』であることがわかりましたが、根本原因はいまだ調査中のようです。

 

ツイッターをはじめとしたSNSでは中国や諸外国・他メーカー(競合)の仕業では?との憶測も飛び交っているようです。

 

このような大きなシェアを誇る大企業で、世界的に供給不足が発生しているタイミングで火災が発生するとそう考えたくもなりますよね。

 

しかし実際に中国や諸外国にも少なからずダメージがあるでしょうし、本当に犯人がいるとしたらこの放火は得策とは思えません。

 

 

ルネサス火災原因のメッキ装置の半導体製造メーカーはどこ?

 

那珂工場のクリーンルームで起こった『過電流』はメッキ装置が原因であると考えられています。


https://www.semilinks.com/sub209.htm

 

国内で半導体メッキ装置を製造しているところは、「荏原製作所」や「サイエンスアイ」「東設」など7社ほどありました。

 

 

ちなみに東設さんのめっき装置は上の動画のようなものです。

 

しかし有価証券報告書などのIR情報には、工場のメッキ装置がどこのものかは記載がありませんでした。情報ありましたら、追記してきます。

 

以上、ルネサスの火災発生の原因を中心に解説していきました。

 

別の記事で、被害額や実損、株価などの定量面にも触れていていきたいと思います。