火事

【遊びで放火】西沢國夫(国夫)容疑者の顔画像|犯行動機や家族は?

 

 

3月20日、八王子の浅川の河川敷で放火をしたとして、西沢國夫容疑者が逮捕されました。

 

ツイッターでは「やっぱり放火だったか」「80歳の老害」と非難の声が殺到しています。

 

だいたい、河川敷での火災って放火であることが多いような気がします。

 

八王子市浅川の放火の犯人である西沢國夫容疑者についてまとめました。

 

 

【顔画像あり】八王子で放火|西沢國夫(国夫)(にしざわくにお)容疑者が逮捕

 

東京都八王子市の浅川の河川敷でライターで枯れ葉に火をつけたとして西沢國夫容疑者が逮捕されました。

 

西沢國夫容疑者は80歳とかなりの高齢です。

 


https://news.livedoor.com/article/image_detail/19881564/?img_id=28574435

 

火が出た時間帯に西沢国夫容疑者が周囲を確認する様子が防犯カメラに映っており、

 

一度立ち去り、また現場付近に戻ってくる様子から容疑者として浮上したとのことです。

 

また、周辺では3月に付近で2件(7日、11日)の火災が発生していたそうで、18日と合わせて880平方メートルが焼かれたとのこと。

 

800平方メートルとは、1辺28mくらいの正方形をイメージしていただければその広さがわかるかと思います。

 

フットサルコートがだいたい800平方メートル、バスケットコートが400平方メートルです!

 

これくらいの広さの枯草が燃えていたら、かなり目立ちますよね。

 

西沢国夫容疑者は上記の一連の火事について自身が放火したことを認めているそう。

 

西沢國夫容疑者が放火した犯行現場は?

 

7日に発生した火事は、大和田橋の近くであるようです。

 

他の2件も付近であったことから、上記のマップ上のエリアでの犯行になります。

 

西沢國夫(国夫)容疑者の犯行動機は?

遊びのつもりで火をつけた

 

「火遊び」って子供がするのであればわからなくもないですが、

 

80年の人生を歩んできたおじいちゃんが「遊び」で河川敷に火をつけるという神経が理解できません。

 

80歳くらいの年代になると、時間に余裕ができて、暇になりますが、「囲碁教室」や「喫茶店でお茶」「野球中継をテレビで見る」などで暇を潰しているイメージがあります。

 

このおじいちゃんはなんで火をつけるという行動に至ったのか謎ですね。

 

「遊びで火をつけた」というのは表面的な動機ですが、「遊び」というのはストレス発散の意味合いが強いのではないかと考えられます。

 

本人も気が付いていない犯行理由としては、

「生活が苦しい」「老人同士のコミュニティがなく家族もいなく不安」

などの目に見えないストレスが犯行のきっかけとなっている可能性もありえそうですね。

 

西沢國夫(国夫)容疑者の家族は?

家族についての報道はりませんでした。

 

日中にライターで火をつけるために浅川の河川敷をうろうろしていたのですから、結婚はしておらず家族はいないのではないでしょうか。

 

今後報道され次第追記していきたいと思います。

 

西沢國夫(国夫)容疑者の自宅・住所は?

「八王子市の無職」と報道されていました。

 

犯行現場あ八王子市の浅川河川敷なので、複数件の犯行がありました。

 

なので現場近くに住んでいた可能性が高いのではないでしょうか。

 

無職で年金生活であったと考えられるので、電車やバスで移動してまで河川敷で放火はしないだろうと考えられますね。

 

西沢國夫(国夫)容疑者の仕事・収入は?

80歳のため無職でした。

 

現役時代は定職についていたのではないでしょうか。今は、年金のみで暮らしていると考えられます。

 

自営業であれば、5万円くらいしか貰っていない可能性も考えられますね。

 

サラリーマンであれば、10万~20万くらい貰っていそうです。

 

年金生活だけでは暮らせないので、貯めていた貯金や退職金を切り崩しながら暮らしているのかもしれません。