火事

【原因は放火か】多摩川・火事の場所はどこ?|犯人はだれ?【2021】

 

 

2月27日のお昼ごろに、東京都世田谷区の多摩川沿い火災が発生しました。

 

栃木県足利市や茨城県桐生市でも山林火災が発生しており、最近ほんとに火事が多い気がします。

 

冬だから乾燥しているというのも理由の1つなのでしょうが、多摩川に限っては今月にはいって4件も発生しているそうです。

 

いくら乾燥しているとはいえ、短い期間で4件も発生するのは怪しいなと思いませんか?

 

多摩川の火事の原因は放火?

怪しい・・・・

 

さすがに4件は怪しいですよね。

 

多摩川の河川敷や、足利の両崖山の火事など市街地ではない場所で起こる火事を林野火災なんていってるそうです。

 

そしてこの林野火災の原因の大半は人的要因とのことです。

 

 

乾燥しているから自然に発火するのかな?

 

と思っていたら大間違い。

 

焚火火入れなどが主な原因のようです。

 

確か最近青梅で起こった山火事も焚火をしていた人がいました。

 

なので今回も人的要因である可能性は大いにあるのではないでしょうか。

 

そして人的要因で4件も発生しているということは、ちょっと考えにくい事態ですよね。

 

故意・意図して放火をした人がいてもおかしくないでしょう。

 

多摩川の火事の場所はどこ?

2月5日 26日と同じ場所

2月9日 50M離れた河川敷枯草燃える

 

2月26日 午後6時半2000平方メートル燃える

2月27日 午後1時過ぎ1000平方メートル燃える

 

 

基本的には、世田谷区の多摩川河川敷で発生しています。

 

27日は都市大のグラウンドの近くだったそうです。

 

多摩川・河川敷火事の犯人はだれ?

 

現時点で放火であるかどうか警察が捜査をしています。

 

内容が判明次第、犯人の捜査が行われるのではないでしょうか。