日常

小室圭の代理人弁護士 上芝直史 経歴wiki|学歴や評判【写真】

小室圭さんの金銭トラブルが世間の注目を集めていますね。

 

4月8日には28ページにわたる文書を公開し、連日ワイドショーで取り沙汰されていました。

 

そして数日後の12日には、母親の元婚約者に対して「解決金を支払う意向」との速報が報じられ、「態度が二転三転しているのでは」と国民から不安や疑問の声が噴出しています。

 

眞子様との結婚問題は、2015年頃から週刊誌をはじめとしたメディアで話題となっておりかれこれ5年が経ちました。

 

依然として解決していない状況に終止符を打ちたいという気持ちの表れなのでしょうか。

 

ただ、「文書公開」や「解決金の支払い」といった策を講じるも、その一つひとつが国民の理解を得られていないようです。

 

勿論、小室圭さんが独断でこのような判断をしているわけではなく、その裏で支えている弁護士の存在があります。

 

小室圭さんの代理人弁護士として、この複雑な問題を取り扱っている上芝直史弁護士はどのような人なのでしょうか。

【写真あり】小室圭の代理人弁護士 上芝直史(うえしばなおじ) 経歴wikiプロフィール

 

弁護士登録年 2008年
所属弁護士会 東京弁護士会
業務 企業法務、民事事件、倒産事件、家事事件、刑事事件

 

上芝直史弁護士は、2008年に弁護士登録をされています。ちょうどリーマンショックの時ですね。

 

世界が経済的不安を抱えている時代に、弁護士としての活動を開始されたようです。

 

主たる業務は企業法務を担当されているようでした。中でも、労務管理や各種契約等幅広く対応しているようです。

 

他にも、民事や倒産事件などを扱っているようですが、やはり2008年以降企業の倒産が相次いだ際にも倒産事件を多く取り扱ってきたのでしょうか。

 

今回の小室圭さんの母親の金銭トラブルについては、民事事件という扱いになるのでしょうか。

 

上芝直史弁護士が代理人として選出された経緯は不明ですが、現在は表参道総合法律事務所に勤務されているようです。


表参道法律相談所 上芝直史プロフィール

 

法律相談所のプロフィールページは、過去に「離婚」「相続」を主たる業務として記載されていました。

 

上芝直史弁護士の得意領域であるようです。

 

 

 

事務所の場所は東京メトロ「表参道駅」から徒歩5分圏内の場所にあります。

 

 

事務所はかなり奥まった場所にあり、ストリートビューでも全容を確認することが困難でした。

 

きれいな白い建物の裏に少しだけ見えている建物が表参道法律事務所があるビルであると考えられます。


小室圭の代理人弁護士 上芝直史(うえしばなおじ)の学歴(大学・高校)

 

大学院 慶応義塾大学法学部法律学科
大学 慶応義塾大学大学院法務研修科修了

 

上芝直史弁護士は慶応義塾大学を卒業されているようです。

 

大学院まで進学し、司法試験に合格後、2008年に弁護士に登録されたのですね。

 

小室圭の代理人弁護士 上芝直史(うえしばなおじ)|評判や弁護士費用

 

上芝直史弁護士に担当をしてもらった人の直接の評判は確認できませんでした。

 

現在、小室圭さんの金銭トラブルの渦中にいるため、一連の騒動に関する批判やコメントなどは多く見受けられますが、

 

あくまでもメディアが報道してきた内容がベースになっており正しい評価であるとは考えにくいようです。

 

 

上芝直史弁護士が所属する表参道法律事務所のグーグルマップ上の評価は決して悪くはなさそうです。

 

表参道という立地にあるため、弁護士費用は高いとの声がありました。

 

やはり、それ相応の家賃を支払わなければならないですし、よって企業案件や富裕層が中心になると考えられそうです。

 

上記コメントの「400万円の借金を返しあぐねているご家庭」というのは小室圭さん一家のことなのではないでしょうか。

 

だとすると、通常のケースとは異なるため、あまり参考にしないほうがよさそうです。