日常

冨田裕樹 ・サウナ池田市長がリコール?|秘密保持契約でパワハラ揉み消し|ツイッターが炎上

大阪府池田市の冨田祐樹市長が市役所内にいろいろな私物を持ち込み問題となっています。100条委員会では池田市役所の従業員にアンケートを実施、100人以上の職員が「サウナ市長からパワハラを受けた」と回答しています。また、今回の一連の騒動を秘密保持契約を用いて他言させないよう取り計らったとしてますます市民からの反感を買っているようです。

冨田裕樹 (とみたゆうき)池田市長の経歴wiki

高校 関西大倉高校
大学 立命館大学経営学部(アメフト部)
大学院 京都大学大学院(公共政策修士)
出身 兵庫県伊丹市
職歴 広告代理店経営→予備校講師→公設秘書→池田市議会議員

 

冨田祐樹市長は兵庫県出身でずっと関西で過ごしてきたようです。

 

高校は関西大倉高校だそうです。

 

偏差値は61から73と幅が広いようですが、全体的に高い水準にあるということがわかりました。

 

大阪府の中では、偏差値73は6~7位と大変頭が良い学校です。

 

勉強熱心だったようですね。

 

その後、大学は立命館大学の経営学部に進学しています。

 

立命館大学は関関同立というわれるくらい関西では上位の私大ですね。

 

冨田祐樹市長はその後、人材育成系のコンサルの広告代理店を経営されていたそうです。

 

なんか胡散臭いですね(笑)

 

そして、その後国会議員秘書や議員選への出馬などを経験したのち、京都大学の大学院へ進学しております。

 

勉強、起業、政治と猪突猛進で取り組んできたようですね。

 

冨田裕樹 (とみたゆうき)池田市長が市役所内を私物化!?|家庭用サウナを設置しはじめ職員困惑

 

そんな大阪府池田市の市長である冨田祐樹市長が騒動の渦中にいるのは、市役所内に自身の私物を大量に持ち込み、寝泊りしていたのではとの報道が発端となっています。

 

 

 

この報道は2020年10月頃の話であったのですが、1カ月で17日間も宿泊をしていたとして、問題が大きくなってきているようです。

 

それにしても、持ち込んだものが、泊まる気満々って感じがしてなりません、確信犯ではないでしょうか。

 

冨田裕樹 ・サウナ池田市長がリコール?|秘密保持契約でパワハラ揉み消し|ツイッターが炎上

 

ホームレス市長が後援会会長に秘密保持契約で圧力か?

 

そんな冨田祐樹サウナ市長は、リコールの要求もでているようで市民の不満がますます高まってきているようです。

 

100条委員会との質疑の中では、市の職員796人へのアンケートの結果119人が「サウナ市長からパワハラを受けた」と報道がありました。

 

約800人中119人って凄い割合ですよね(笑)

 

普通の会社だったら左遷されるか人事部付けになっているところです。

 

「書類を投げつけた」や「降格の人事を受けた」という被害報告が相次いでいるようです。

 

冨田祐樹サウナ市長は「いつどこで誰に何をやったのか」を詳細に説明しなければ認められないと発言しているようです。

 

そうなると、誰が通告しているのかがバレてしまうので、元も子もありませんよね。

 

その発言にもパワハラ気質が伺えます。

 

また、後援会の会長らが呼び出されて「秘密保持契約」の締結を強要されたとのことでした。

 

「今から話すことは絶対に他言するな」という圧力が半端ないですね。

 

しかし結局問題の秘密保持契約も一連の騒動の詳細も全部マスコミに漏れているということは、誰かがリークしているのは間違いないでしょう。

 

冨田祐樹サウナ市長のパワハラ・私物化にツイッターが炎上