日常

【スギ薬局会長】杉浦広一の評判がヤバい?|ワクチン秘書が暴走か

【スギ薬局会長】杉浦広一の評判がヤバい?|ワクチン秘書が暴走か

新型コロナウイルスのワクチン接種について、スギ薬局会長である杉浦広一夫妻の接種を優先的に行うよう秘書が再三西尾市に依頼をしていた件が多くの国民の怒りを買っているようです。

5月11日には愛知県西尾市の中村健市長、近藤芳英副市長が揃って謝罪会見を行いました。

西尾市内でスギ薬局を展開するスギホールディングスの杉浦広一会長と、妻の昭子さんの予約枠が一般市民よりも先に確保されていたというのですから驚きを隠せません。

今回の経緯は、スギホールディングスの秘書が西尾市の健康課に電話をし、再三圧力をかけていたというように中村市長は話していました。

健康福祉部長が断るも、「上司を出せ」の一点張り。最終的には中村市長のところに話はいかず、近藤副市長が判断をして優先的にワクチン接種が受けられるようにしたということです。

スギ薬局は市内の有力な企業であり、そこの会長である杉浦広一会長は上級国民とも揶揄されている状況です。

【スギ薬局会長】杉浦広一の評判がヤバい?|秘書の執拗な忖度

スギHD杉浦広一会長の国民からの評判はどうでしょうか。

日経新聞には「誠実さ」と評されていました。

一代でスギ薬局を創業したわけですから大したものですよね。

上手くいかないことも乗り切れる我慢強さと、周囲と信頼関係を構築できる誠実さがないとここまで会社を大きくすることはできません。

 

 

一方で今回の騒動を秘書や行政に押し付けていると考える人も一定数いるようです。

 

様々な情報が錯そうされており、なぜ秘書が杉浦広一会長夫妻にここまでして優先的にワクチンを接種させようとしていたのかが気になりますね。

 

スギ薬局側は「便宜を依頼していない」としているようですが、実際に秘書が何回も電話で懇願したのは事実であると考えられます。

 

また、地元の有力企業ですから、政界との関係性も非常に緊密です。「ここで断ったら今までの恩をあだで返すのでは」という不安とプレッシャーを与えることにもなりません。

 

2011年のカンブリア宮殿にも登場しており、「社会に何ができるのかを 考え続ける」という金言を残していました。

 

今までの評判は悪くはなくむしろ評価されてきたような印象を受けましたが、今回の騒動以降の評価はかなり芳しくないものとなっているようです。

 

経営者としての評価と、上級国民としての行動に対する評価は別のモノになります。

 

多くの国民の怒りを買い、不買運動まで出ている状況は沈静化されるのでしょうか。

 

【スギ薬局会長】杉浦広一の経歴・年収

 

1950年 愛知県に生まれる
1974年 岐阜薬科大学 製造薬学部 卒業
1976年 スギ薬局創業
1982年 (株)スギ薬局設立
2009年 取締役会長  就任

 

杉浦広一会長は1950年に愛知県に生まれ、現在は70歳になります。幼少期からずっと愛知県で過ごしてきたんですね。岐阜薬科大学を卒業し、在宅中に出会った奥さんと結婚しています。

1976年26歳にしてスギ薬局を設立し、徐々に業績を拡大していき今の地位についています。

このような経歴を見るだけでも相当な努力をしてきた経営者であることは間違いありません。

今回も誤解などもあるかもしれませんが、実際に杉浦広一会長夫妻がワクチン接種会場に向かっていたということからも接種を受ける意向があったことは事実であると考えられます。

70歳で大企業の経営者ということもあり不安なのもわかりますが、「それをしたらどうなるか」という先を見据えた行動が必要だったのかもしれません。