日常

オオコノハズクの鳴き声は?細くなるの?|値段や寿命も紹介

 

枯れ葉みたいなフクロウ、オオコノハズクが3月1日に和歌山県田辺市内の畑にある防護ネットに引っかかっているのが見つかりました。

 

保護された当初は衰弱してきっていましたが、日本野鳥の会が保護して体を温めた結果、2日には動き回るほど元気になったそうです。

 

枯れ葉みたいなオオコノハズク、見た目がとってもかわいいですよね。

 

フクロウの仲間なので「ホーホー」となくのでしょうか?

 

日本ではどこに生息していて、飼育することもできるのでしょうか?

 

オオコノハズクの鳴き声は?細くなるの?

オオコノハズクとは?

 

名前 オオコノハズク
分類 フクロウ目フクロウ科
分布 東アジア、東南アジア、日本
学名 Otus semitorques
生息場所 低地から山地の森林
木の中
体長 24mくらい、翼を広げると50cmくらい
ネズミ、トカゲ、ミミズ、鳥、他昆虫

 

オオコノハズクはコノハズクよりも大きいことからこのような名前がついています。

 

フクロウ目フクロウ科に分類され、他のフクロウ同様、夜行性のようです。

 

東南アジアやロシアにも生息していますが、夏になると北海道にもやってくるそうです。

 

北海道以外の場所では「留鳥」として生息しているため、目撃情報もちらほらと聞こえてきます。

 

 

オオコノハズクの鳴き声は「ホーホー」?

 

私たちのフクロウの鳴き声のイメージといったら「ホーホー」ですよね!

 

オオコノハズクも「ホーホー」となくのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

オオコノハズクが鳴くときは主に2パターンあるそうです。

 

①オスが繁殖期に鳴く

②性別問わず日常で鳴く

 

①の繁殖する時の鳴き声は、「ウォッウォッ」とか「ポ ポ」とうように聞こえるそうです。ちなみに声は甲高いのだとか。

 

メスを惹きつけるために鳴くので、高く通る声でなくんでしょうね。

 

 

②日常的に鳴く鳴き声は「ミャーミャー」といった猫のような鳴き声だそうです!

 

フクロウっぽくない鳴き声で意外ですね。

 

 

想像以上に「にゃー」という鳴き声でしたw

 

 

オオコノハズクは細くなる?

 

 

オオコノハズクは緊張状態になると、細くなったり羽を広げたりと様々な形に変化するようです!

 

あっと驚く変身を見せるアフリカオオコノハズク – YouTube

 

第2形態って感じですね。細くなることで相手を威嚇しているのでしょうか?

 

あっと驚く変身を見せるアフリカオオコノハズク – YouTube

 

そしてさらに警戒心マックスになると、上記のように最終形態に変化しますw

 

羽を広げて目を極限まで開いて威嚇していますね!

 

この時は自分より大きなぬいぐるみが近づいてきたので、最終形態になって威嚇したそうです!

 

目がオレンジ色なのも、相手を威嚇するための配色になっているのでしょうか??

 

オオコノハズクの寿命は?

 

オオコノハズクの可愛さがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

そんなオオコノハズクの寿命は15年から20年といわれています。

 

結構長生きしますよね。

 

そもそもフクロウの寿命は小型で10年~15年、中型で30年と言われているそうです。

 

ちなみにスズメの寿命が3年くらいなので、いかに長生きかがわかりますね。

 

小型のフクロウであるオオコノハズクも、健康体であれば10年~15年ほど生きるということがわかりました。

 

 

オオコノハズクの値段は?

 

10年から15年くらい生きるのであれば、一度は飼育してみたいと思うかたもいるのではないでしょうか。

 

 

オオコノハズクの相場は30万~40万円程度でした。

 

他の小型フクロウも30万程度なので、妥当な価格といえるでしょう。

 

また、近年は価格が上昇傾向にあるようです。

 

購入の際はローンを組むことができ、一括現金払いでなくても大丈夫だそうですよ。

 

オオコノハズクの餌は?

 

 

飼育するための金額や寿命などがわかりましたが、オオコノハズクは何を食べるのでしょうか?

 

オオコノハズクはヒヨコやネズミ、ウズラなどを食べるそうです。

 

ペットショップなどで冷凍マウスなどを購入して餌としてあげることができます。

 

実際に、ヒヨコの骨・肉・皮まですべてを食べてしまうそうです。

 

以上、オオコノハズクの鳴き声や値段、寿命などについて説明しました!

 

飼育を検討している人の参考になれば幸いです!