日常

マーソ株式会社は竹中平蔵で評判は?コロナ大規模接種システム開発業者

マーソ株式会社は竹中平蔵で評判は?コロナ大規模接種システム開発業者

東京23区と大阪市で開始された新型コロナウイルスワクチン大規模接種の予約でさっそく欠陥が見つかってしまったそうです。65歳以上の高齢者向けの優先接種を受け付ける予約システムとして17日より稼働開始となりましたが、摂取券に採番されていない番号でも予約をすることができてしまうという初歩的なエラーのようです。また、摂取券番号以外にも、65歳未満の生年月日を入力してもエラーとならないことが判明しているようです。もちろん虚偽の番号で予約をすることが可能な状況であり、他の人の予約枠を偽の予約で埋め尽くしてしまうこともできてしまう状況となっています。ワクチンの大規模接種については、菅首相の側近である和泉洋人補佐官が足元を固めずに推進してしまったことで、接種会場の業務を民間企業に丸投げしていたことが報じられたばかりです。

和泉洋人首相補佐官の経歴wikiがヤバいwまるで半沢直樹|ワクチン接種会場を委託で丸投げ

大規模接種開始後にもトラブルが続出する形となり、高齢者からも不安の声が上がっています。ワクチン接種のシステムを開発した業者に原因があるのでしょうか。

マーソ株式会社は竹中平蔵で評判は?コロナ大規模接種システム運営会社

業種 情報通信
本社所在地 東京都虎ノ門4-3-1 17階
電話番号 03-6435-6692
代表者 西野恒五郎
上場 未上場

大規模接種予約システムの開発業者はマーソ株式会社という会社です。

虎ノ門にあり、社長は西野恒五郎という人でした。

まだ上場はしていないようなので、株価暴落!とかの心配はないようです。

 

 

しかしながら、竹中平蔵さんが在籍しているということで、ツイッターが炎上しているようです。

 

竹中平蔵さんは経営顧問という役職についているようですが、何をしているのでしょうかね。

プレスリリース

 

しっかりとプレスリリースをだしていました。

 


マーソ株式会社openworks

 

働き手からの評判は平均以下のようです。openworksの評価は総合で3が平均です。2.94ということは、口コミ12件の平均が3を下回るものだったようです。

 

「無理な業務受託」「運用が安定せず」はやばいですね。完全に今回の伏線見たくなっています。

 

その他ワクチン予約システム開発業者

ワクチン接種の予約システムについては、複数あるのか、1つのものを今後も使い続けるのか詳細は把握できておりません。

一般民間用と高齢者枠用で仕様が異なる可能性も考えられます。

一般向け予約サイトの開発業者

よって一概に「ワクチン予約システムを手掛けた」と表明している企業が今回のシステムを開発しているとは限りません。

ネット上で「ワクチン予約システム開発」と検索をすると、とある企業が開発に携わっていることを公開していました。

ワクチン接種の方針を政府が決定したのが、2020年12月のことで、3月には開発に携わる業者が決まっていたようです。

 

ただ、上の文面を見ると、広く全国民が摂取するためのシステムを想定しているようです。

 

今回の高齢者枠の大規模接種予約システムとの因果関係は不明となります。

 

医療従事者向け予約サイトでも欠陥

 東京都福祉保健局が医療従事者向けに公開した新型コロナワクチンの接種予約サイトに、第三者から個人情報が閲覧できる不具合があった問題を受け、システムのベースとなるソフトウェア「kintone」(キントーン)を開発したサイボウズは4月27日、kintone自体に不具合や脆弱性はないと発表した。

「kintoneの脆弱性ではない」 東京都医療者向けワクチン予約サイトの個人情報問題でサイボウズが見解

また、医療従事者向けのワクチン接種サイトはサイボウズが開発されたようです。個人情報が公開されている状態になっていたと問題になっていましたが、サイボウズの提供するキートンと呼ばれるシステムには問題がなく、委託事業者の設計ミスであったと考えられています。

 

ワクチン予約システムの開発業者はバラバラ

 

このように、予約システムはその対象者や時期、地域に応じてバラバラに開発されているのが実態のようです。

 

なぜバラバラに開発されてるの?

各自治体や地域により、ニーズが異なるからです。

確かに、既存の自治体サイトの活用や、予約人数によるシステム容量などは地域により異なります。

一方でバラバラにシステムをつくると、品質にブレがあり、大きなトラブルになった時の原因解明などに時間がかかりかねない課題もあるでしょう。

 

そんな中、バラバラに動いているシステム開発を一気通貫で標準化しようと動いているのがSAPジャパンという会社だそうです。

バラバラに開発進むワクチン接種予約・管理システム、新たな「2000個問題」も

 

「ワクチン接種を全国民が一斉に接種しようとしている」という状況下は、今までに体験したことがない領域です。

 

多少経験のあるITベンダーでもノウハウがないこともあり、予想しない欠陥を引き起こしてしまうことも想像できます。

 

今回の高齢者向け大規模ワクチン接種予約システムの欠陥も早急に改善し、全国のワクチンシステム展開の際にミスのないようにしていただきたいものです。