日常

小室圭の解決金は税金?金額はいくらで誰が払う?|急変の理由はなぜ?

4月初旬にA4用紙28ページに及ぶ長文の文書を公開した小室圭さんが母親の元婚約者に解決金を支払う意向であることがわかりました。

 

これまでの金銭トラブルの経緯を説明した文書を公開したのは4月8日です。

 

文書の中では「解決金を支払うと、借金をしていたと捉えられてしまう」として支援してもらっていた金額を返金する意向はないとしていました。

 

ところが1週間もしないうちに、突如「解決金を支払う」とした理由はなぜでしょうか。そしていつにいくら支払うのかも気になります。

小室圭の解決金は税金?金額はいくらで誰が払う?

 

小室圭の解決金の金額は400万じゃ済まされない?

 

小室さんが公開した文書によると、支援された金額は400万円ほどです。

 

 「ですから貴殿の返済請求している4,093,000円は小室佳代が貴殿から贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません。

小室圭さん文書より抜粋

 

正確には、元婚約者は4,093,000円の返済を要求しているようです。

 

金額の内訳は以下のとおりです。

・食費等の生活費

 

元婚約者は、週刊誌のインタビューで「授業料などの学費も支払った」と供述していたようですが、これは勘違いであったようです。

 

学費は小室圭さん自身が奨学金などを活用して、自ら支払いを行っていると説明がありました。

 

結婚を前提として婚約をしていたので、食費などの生活費を負担されるのはごく自然なことです。

 

しかし、その後元婚約者から一方的に婚約破棄をされて返済を要求されたというのですから、たまったもんじゃないでしょう。

 

 記者からは、解決したかったら400万円をポンと払えばよいという発言などもありました[注30]が、「3」で書いているとおり、きちんとした話し合いをせずにお金をお渡しするという選択はしませんでした。

小室さん文書より抜粋

 

以前から400万円を支払ってしまえば済むというアドバイスはあったようですが、そのような選択肢はとらなかったのです。

 

小室さんと母は「貸付」ではなく「贈与」であると主張をしているため返済する必要はないと考えていたのでしょうね。

 

小室圭の解決金は誰が支払う?宮内庁から税金?

 

んでその解決金はどこから出るの?宮内庁から内密に…とかだったら税金払うの馬鹿らしくなるんだけど

 

こんな声もあがっています。

 

確かに婚約者が眞子様であり、天皇や政府が密接に絡むことは間違いありませんが、税金から支払われる可能性はないと考えて問題ないでしょう。

 

いくら天皇の婚約者であっても、さすがに国民の血税から個人間の私的な解決金を支払うことはできません。

 

できませんし、コメントを見る限り国民が許さないでしょう。

 

しかし、お金がないはずなのに誰が返済するの?

 

と疑問が生じます。

 

小室圭さんは大学卒業後、三菱UFJ銀行に就職しました。

 

2年弱勤務したのち、法律事務所に転職しています。

 

どちらも給料がよく、若手でも年収500万くらいになる可能性が考えられます。

 

大学時代からもコツコツ貯めていれば、400万くらい返済することも可能かもしれません。

小室圭の態度が文書公表から一変した理由はなぜ?

 

多くの人が疑問に感じているのではないでしょうか。

 

8日に文書公開し贈与であると認識を主張しながら、12日に解決金を支払うと態度急変。

 

恐らくこの数日間で国民の多くが否定的な意見を持っていることに気が付いたからなのではと考えられます。

 

文書公開後、まずその文書の長さから「読むのをやめた」「読ませる気がない」といった批判が相次ぎました。

 

そして肝心の中身についても、「今更反論しても遅い」「中身が薄い」といった厳しい意見がありました。

 

本人としては、秋篠宮殿下の「国民に見えるような形になっていることが望ましい」という意向を汲み取り、一生懸命書いて公表した文書がこのような評価になりさぞ戸惑ったのではないでしょうか。

 

周囲の人間とも相談を重ねた結果、元婚約者に解決金を支払い、この問題にカタをつけたいと思ったのかもしれません。

 

 交渉の方法としては、文書で事実関係について真っ向から反論した後に解決金を提案しても、相手方が交渉に応じてくれる可能性が低くなります。
解決に向かうことが希望であれば、真っ向から反論するのではなく、「事実関係については双方に言い分があるが」と前置きした上で解決金を提案するのが望ましい方法です。

堀井亜生弁護士/堀井亜生法律事務所代表

 

少し行き当たりばったり感が否めませんが、やはり弁護士の見解も同じようです。

 

文書公開で一方的に元婚約者を批判した後に、このような方法をとっても交渉に応じてくれなくなる可能性が高いという指摘がありました。

 

元婚約者はヤフーニュースを見て、この交渉にのるのでしょうか。

 

お金が目的でない嫌がらせ犯だったとしたら、小室圭さんの結婚はまだまだ先になりそうです。