日常

小室佳代の遺族年金搾取メールがヤバい|贈与税は払わず口止め計画犯か

4月21日に報じられた週刊文春で、小室圭の母親である小室佳代さんのメールがヤバいと話題になっています。

 

最近、小室圭さんと眞子様の結婚問題がトレンドでしばしば話題に取り上げられていますが、ここにきて新展開があったようです。

 

小室圭と母の佳代さんは8日に公開した28ページに及ぶ文書にて、一連の騒動が報道されるまで支援受けた400万円について「贈与税」を支払っていなかったということが明らかなっています。

 

小室佳代の経歴wiki|仕事は現在も洋菓子店『マッターホン』?小室佳代さんのメールが文春オンラインに掲載され、話題を呼んでいます。 亡き夫の遺族年金を受給しながら、元婚約者と事実婚を行...

 

申告が遅れたことを考えると、無申告加税を加味して14万7千円を支払っていたということが明らかになりました。

 

【文春砲】小室佳代(こむろかよ)の口止めメールがヤバい|贈与税は払わず遺族年金搾取計画


https://bunshun.jp/denshiban/articles/b473

 

小室佳代さんは、2002年に夫が他界されているということで、遺族年金が受け取れる立場にあったようです。

 

しかし、元婚約者の男性と籍を入れてしまうと遺族年金が受け取れなくなってしまうようです。

 

そうなると、年間150万円の遺族年金か、元婚約者(パピー)の収入かを選択しなければなりません。

 


https://bunshun.jp/denshiban/articles/b473

 

つまり、パピーと内縁の関係になり、金銭的支援を受けると遺族年金がもらえなくなるのですが、小室佳代はどっちも手に入れようと画策をしたいとということになります。

 

事実上は結婚するが籍はいれないことで、遺族年金を搾取しようとしていたのです。

 

意図した遺族年金搾取計画が露呈すれば、役所から訴えられる可能性もあります。

 

それを認識したうえで、リスクをとりにいったのでしょう。

 


https://bunshun.jp/denshiban/articles/b473

 

こちらの画像では、佳代さんの日本生命に勤務する従姉が「元婚約者パピーが保険の受取人をちゃんと佳代さんに変えたのか」を念のため確認しているメールになります。

 

お互いに受取人を変更するという話をしていたそうで、元婚約者は保険金受取人を小室佳代さんにさせられたそうです。

 

元婚約者はATMのように扱われていることがわかります。

 

そんな関係性に嫌気がさして婚約破棄をしたのは納得がいきますね。

 

小室佳代(こむろかよ)の弟・従姉

 

小室佳代さんには弟がいるようです。下記の記事で、かつては祖母とご両親、弟との5人で暮らしていたことを、知人が話しています。

 

「角田(旧姓)佳代さんは小学3年生ごろに神奈川県藤沢市に引っ越してきて、祖母とご両親、弟の5人暮らしでしたね。お母さんの八十子さん(すでに他界)は、お子さんふたりを出産する前後に全身がリウマチになり、簡単に出歩けなくなってしまいました。病気のストレスも相まって、宗教団体に入会していたことを覚えています」(八十子さんを知る知人)
https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_11667/

 

弟の情報は公表されておらず詳細はわかりません。

 

また、前述したように、小室佳代さんの従姉は日本生命で働いているようです。

 

いわゆる「生保レディ」というやつでしょうか。

 

自らの保険を、従姉を経由して加入することで、従姉の営業成績になるのでしょう。

 

そのような抜け漏れなく隙があれば少しでも特になるようにという考え方は、苦労してきた過去があるからこそなのかもしれません。