日常

鬼滅の耳飾りが韓国で炎上→【旭日旗】デザイン変更|海外(中国・韓国)の反応は?

一世を風靡している「鬼滅の刃」、主人公である炭治郎の耳飾りが韓国で「旭日模様」に似ていると批判の嵐です。

「旭日模様」(きょくじくき)とは、旧日本軍の掲げていた旗で太陽のようなデザインのものです。

韓国などの反日勢力は、このようなデザインに非常に敏感に反応してくるのが今の現状でもあります。

鬼滅の耳飾りが旭日旗そっくりで韓国・中国で炎上

鬼滅の刃に登場する主人公・炭治郎の耳飾りが旭日旗に似ているとの批判があり、ネットフリックスはデザインの変更を余儀なくされたそうです。

海外でも圧倒的な人気を誇る鬼滅の刃だからこそ、細かな描写やデザインにも世界の注目がいってしまうようです。

炭治郎の耳飾り【修正前】の画像

お馴染みの耳飾りはこちらです。

確かに旭日旗に似ていると言われても過言ではなさそうですね。

とは言っても、意図的に似せていたとも思えなそうですよね。

炭治郎の耳飾り【修正後】の画像

変更後は、日の丸のような赤い丸がものすごく小さくなっています。

また、修正前のような放射線状のデザインが横の直線へと修正されていますね。

派手さがなくなって、和風で真面目な感じになってしまいました。

鬼滅・炭治郎の耳飾りのデザイン変更|海外(中国・韓国)の反応は?

韓国の市民団体VANKが耳飾りについてネットフリックスに対して指摘をし、日本の歴史についての説明も求めたと報じられています。

そんなこと言われても、ネットフリックスも困っちゃいますよね。

表現の自由はどこへ行ってしまったのでしょうか。

韓国語のツイッターには、「旭日旗が掲げられているアニメでも見るのか?」といった反日からの批判が相次いで炎上する事態となっています

鬼滅の刃自体は素晴らしい作品なので、波風立てず修正に素早く応じたのは良かったのではないでしょうか。

1度目をつけられると2度3度といちゃもんをつけられる可能性もありますが、

日本人として動向を見守っていきたいと思います。