日常

ヘンリー王子の新役職が『CHIMPO』で日本大爆笑|海外の反応は

ヘンリー王子の新役職が『CHIMPO』海外の反応は

 

ヘンリー王子が突如、民間企業の「CHIMPO」という役職に就任して話題となっているようです。

 

「ローマ字読みしたら卑猥」と多くの日本人が食いつきリアクションしていますが、その様子が海外のメディアでも報じられています。

 

 

凛とした表情でこちらを見つめるヘンリー王子ですが、「CHIMPOに就任」という文字だけで笑うしかないですね。

 

 

ヘンリー王子は妻であるメーガン妃と共に、王室の公務を放棄、民間での仕事を積極的に行っていくようです。

 

 

メガン妃(メーガン妃)の性格が大嫌い?|海外の反応や評判も最悪? イギリスの王室のメンバーから離脱した後、夫であるヘンリー王子と共にインタビューに応じたことが話題となっています。 ...

 

メガン妃とメーガン妃どっちの呼び方が正しい?正解はMeghan! 今まではどこの番組も「メーガン妃」と報道していたのに、最近は「メガン妃」と報道してばかり。 なんで突然変わてしまっ...

 

 

その第一号となるサンフランシスコのスタートアップ企業への就任というわけですが、よりによって「CHIMPO」という肩書だとは誰が想像したでしょうか。

 

ヘンリー王子がサンフランシスコのベンチャ企業の「CHIMPO」に就任

 

 

ヘリ―王子の新しい「チンポ」という役職が、日本で話題となっています。日本では「ペニス」のスラングの意味

 

このようなタイトルで報じられています。

 

ヘンリー王子の新役職「CHIMPO」が日本語でちんこの意味を持つため、日本人が大爆笑していることを知った海外の人の反応やリアクションがおもしろいです。

 

 

ヘンリー王子はサンフランシスコに拠点をおく「Better Up Inc.」というベンチャー企業で「チーフインパクトオフィサー」という役職につくそうです。

 

 

”Better Up Inc.” のホームページをみると、「一人一人に変革のチカラを持ち込むことで、世界を変える」という壮大な言葉が飛び込んできます。

 

 

2013年に設立されたばかりの、”Better Up Inc.” はメンタルヘルスのスタートアップ企業です。

 

 

行動科学やタレントマネジメントの観点から、コンサルティングを行い個人や組織がより良いパフォーマンスを発揮できるよう手助けをするそうです。

 

 

 

 

メンバーのストレス軽減 90%
回復力の向上 149%
集中力の改善 181%
チームの俊敏性の向上 222%

 

 

とても付加価値の高い事業ですね。ITが進化し、世の中の働き方や価値観などあらゆる概念が急速に変化していっています。

 

 

そんなストレスフルな社会で、個人や組織がパフォーマンスを発揮しきれないことという悩みが今後も増えてくるのではないでしょうか。

 

 

ビジネスとしての着眼点は非常に興味深いです。

 

 

ヘンリー王子が就任した「CHIMPO」は「チーフインパクトオフィサー」の略です。

 

 

チーフインパクトオフィサー(CHIMPO)の役割

製品戦略の決定や慈善寄付などを主導で行い、メンタルヘルスに関する話題を公に提唱していくことが期待される。

 

【海外の反応】ヘンリー王子の新役職『CHIMPO』卑猥なスラングと知ったイギリス人は…

 

 

 

 

サセックス公爵だからサセ公のチンポとか言われててもう可哀想を通り越してる

 

 

 

日本のツイッターがハリー王子の新しい役職をコメディの可能性を最大限に活用しているのは当然のことです。 「何を笑っているの?彼は素晴らしいCHIMPOです。」