政治

森裕子議員wiki経歴|北朝鮮にワクチンで在日?傘やワインで過去炎上

森裕子議員の発言が物議を醸しています。

6月11日に開催された北朝鮮による拉致問題に関する特別委員会にて依然として日本と北朝鮮の関係性がこう着状態であることについて言及しました。

そしてそのことに留まらず、日本の新型コロナウイルスのワクチンを北朝鮮に提供する案を発言しました。

とんでもない発言ですね。過去より森裕子議員の行動や発言は物議を醸すことが多くしばしばメディアでも取り沙汰されていました。

今回も、売国とも思われない発言をしたことで、多くの国民から非難される事態となっているようです。

そんな森裕子議員は立憲民主党に所属しており、拉致問題対策本部長としても活動しております。

森裕子議員wiki経歴プロフィール

生年月日(年齢) 1956年4月20日(65歳)
出身 新潟県新潟市秋葉区
学歴 新潟大学文学部英文科
所属 立憲民主党
家族 夫・子供3人

森裕子議員は現在65歳です。一般企業でしたら、定年退職されて年金を受給する時期ですね。新潟県出身で、最終学歴は新潟大学文学部を卒業しています。

国会議員は東大出身の人が多いですが、地元新潟の国立大学に進学されており、地味でコツコツとした人柄であることが想像できます。

1999年(43歳) 新潟市江南区町議会議員に初当選
2000年(44歳) 自由党からの出馬要請を受ける
2001年(45歳) 参院選に新潟県選挙区から出馬し初当選
2007年(51歳) 参院選に民主党公認で立候補し、再選
2011年(55歳) 野田内閣 文部科学副大臣
2012年(56歳) 民主党 離党
2013年(57歳) 衆議院選 落選
2014年(58歳) 衆議院選 落選
2016年(60歳) 衆議院選 当選
2018年(62歳) 幹事長就任
2020年(64歳) 立憲民主党合流 新党結成
2021年(65歳) 立憲民主党 参議院幹事長

森裕子議員は新潟大学在学中より、ディスカウントストアの創業に携わり、子育てをしつつ英語塾を経営していたそうです。

その後公民館に勤務しながら、介護ボランティアのグループをつくり、新潟女性海外派遣事業や全国農業会議所主催の西欧農業女性事情調査団などに加わって北欧や西欧の視察などを行っていました。

議員としてのキャリアは43歳からスタートしたようです。

これまでの経歴を見ていると、事業立ち上げや女性活躍推進に力を注いできたことがよくわかりますね。

55歳の時には文部科学副大臣に任命されており、非常に素晴らしいですね。

森裕子議員|北朝鮮にワクチンで在日?傘やワインで過去炎上

 

上記の画像は一人だけ傘をさしている森裕子議員になります。2019年に自衛隊の行事で大きな黒い傘をさしています。

大雨でもないのに、傘をさしている様子は物議をかもしていました。

後ろの人は行事を見れなくなってしまいますし、雨粒がとなりに座っているおじさんたちに垂れるということを想像できないのでしょうか。

また、同じく2019年にイタリアの避難所ではワインがでるということを理由に「日本の避難所でも抜本的に変えましょう」という趣旨の発言を安倍首相に提言していました。

なんとなく不思議ちゃんというか天然要素を感じざるを得ませんが、果たして今回の北朝鮮へワクチン発言も大きな波紋を呼んでしまいそうな予感がしますね。