政治

厚労省・老人保健課長の名前は真鍋馨|経歴wiki・顔画像【更迭】店名も判明

厚生労働省 老健局職員ら23人が深夜0時過ぎまで飲み会をしていた一件で、老健局老人保健課長の真鍋馨に減給1カ月+大臣官房付の更迭処分が下されました。

大阪市でも課長級の人の送別会が行われ、問題になっている最中です。

大阪市・高齢施設課長の名前は舟橋豊で特定か|経歴wiki顔画像大阪市高齢施設課職員らが宴会(送別会)を開催し、コロナ陽性となったことが発覚しました。 3月36日の夜に高齢施設課長の異動を送り出...

他にも田村憲久労働相も給与を2カ月間自主返納すると発表しています。真鍋馨老健課長の経歴や、宴会のリーク元が誰かを解説していきます。

【顔画像あり】厚労省・老人保健課長|真鍋馨の経歴wikiプロフィール

生年月日 不明
大学 東北大学医学部卒業(1995年)
出身 愛媛県
血液型 不明
身長 不明

真鍋馨老健課長の生年月日は不明です。大学は東北大学の医学部に進学しており、卒業したのが1995年だそうです。文系じゃなくて理系なんですね。しかも医学部。かなり優秀な人物であることがわかりました。医学部は6年生なんでしょうか。そう考えると、高校を卒業したのが1989年近くになるので1971年生まれということになります。しかし浪人や留年、留学をしていることも考えられるので、若干の誤差はあると考えられますが、概ね50歳前後であると考えてよろしいのではないでしょうか。

1997年 保健医療局臓器移植対策室(臓器移植)
1999年 老人保健福祉局介護保険制度施行準備室(介護保険)
2002年 ロンドン大学大学院留学
2005年 保健局医療課(診療報酬改定)
2012年 長野県健康福祉部長
2014年 環境省環境保健部石綿健康被害対策室長
2015年 保険局医療課企画官
2021年 老健局 老人保健課長
現在 大臣官房付 ←NEW

真鍋馨老人保健課長は、入省以来、厚生労働省、環境省、地方自治体、海外への留学など幅広い経験を積んできた人です。さすが東北大学医学部のバックグラウンドがあるだけあって保険・医療対策を中心にキャリアを歩んできたようです。もちろん総合職のキャリア組であることから、ロンドン大学院へ留学も経験しています。

大臣官房付とは?
民間企業の総務ポジションです。留学や降格、クビなどで処遇が整うのを待つ間、大臣官房付としてポジションが保留になるそうです。民間企業でも、パワハラをした課長などが「人事部付」として異動になることがよくあります。



厚労省・老人保健課長が宴会(飲み会)をしたお店の名前(店名)場所はどこ?

厚労省・老人保健課長が宴会(飲み会)をしていたお店の名前は銀座の「ひご家(GINZA)」の可能性が考えられます。

厚労省が宴会した店名(お店の名前)はしゃぶしゃぶ『ひご家』で特定か|場所は銀座で料理の値段は?厚生労働省の職員ら23人が深夜0時過ぎまで銀座のしゃぶしゃぶ店で宴会(送別会)を行っていたとして世間を騒がせています!老健局の真鍋馨老健...

FNNの報道では、黒毛和牛が有名なしゃぶしゃぶ店であるとのこと。

アナウンサーが示している場所はgooglemapの上の場所になります。東京メトロ銀座駅からも近く、「しゃぶしゃぶ」と検索するとどんぴしゃで1件ヒットしました。

https://toyokeizai.net/articles/-/419884

上の写真は東洋経済のリーク写真です。


https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13112022/dtlphotolst/3/smp2/

こちらの写真は、ひご家の店内写真になります。

 

椅子のデザインを見比べてみてください。モザイクはありますが、全く同じデザインであることがわかりました。

厚労省・宴会のリーク元は誰?(東洋経済)

今回の宴会は、東洋経済の記事がすっぱ抜いたようです。

https://toyokeizai.net/articles/-/419884?page=2

上記の写真を撮影したのは、藤原宏成記者のようです。早稲田卒で東洋経済新報社に入社されたようです。今は銀行業界を担当しているそうですが、なぜ厚労省の宴会の情報をキャッチできたのでしょうか。

今回、東洋経済の記者はお店で先に待ち構えていた形になります。お店に最初に入ってきたのが6人と記載していることからも明白です。


https://toyokeizai.net/articles/-/419884

また、入店当初のタイミングから会話や情景を正確に描写していることから、予めタレコミがあり、待ち伏せをしていたことが考えられそうです。

 

ということは….?

 

今回の送別会がこのお店で開催されることを予め知っていた人である可能性が高いのではないでしょうか。

 

厚労省の職員23人で開催された今回の送別会は、わざわざ深夜営業のお店を探して予約していることから、当の本人たちもいけないことだとわかっていたに違いありません。

 

その為、他の省庁にベラベラと言いふらすことはしていないでしょうから、老健局内でしっぽり異動を惜しむ会を開催しようとしたのではないでしょうか。

 

そうすると、老健局の職員で、今回の宴会に誘われたが、参加を拒否した人物がリーク元である可能性が考えられそうです。

 

昇格を目論んだNo2の仕業なのでしょうか。真実は東洋経済のみぞ知るといったところです。