事故

【速報】静岡県熱海市全域に『緊急安全確保』発表|ツイッターまとめ

【速報】静岡県熱海市全域に『緊急安全確保』発表|ツイッターまとめ

広範囲で大雨による土砂災害がおきている静岡県の熱海市の全域、20957世帯35,602人に対して『緊急安全確保』が発表されました。

緊急安全確保とはどのようなことなのか?また、現在の熱海の状況を伝えるツイッター情報をまとめていきます。

今回の土砂災害のついての記事です。

【速報】熱海や逗子で記録的な大雨による土砂災害多発|画像ツイッターリアルタイムまとめ 【速報】熱海や逗子で記録的な大雨による土砂災害多発|画像ツイッターリアルタイムまとめ 令和3年7月2日から3日にかけて...

緊急安全確保とは

「避難情報に関するガイドライン」(内閣府(防災担当))では、住民は「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自らの判断で避難行動をとるとの方針が示され、この方針に沿って自治体や気象庁等から発表される防災情報を用いて住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されることとなっています。

自治体から警戒レベル4避難指示や警戒レベル3高齢者等避難が発令された際には速やかに避難行動をとってください。一方で、多くの場合、防災気象情報は自治体が発令する避難指示等よりも先に発表されます。このため、危険な場所からの避難が必要とされる警戒レベル4や高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当する防災気象情報が発表された際には、避難指示等が発令されていなくてもキキクル(危険度分布)や河川の水位情報等を用いて自ら避難の判断をしてください。

避難にあたっては、あらかじめ指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた、近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど、自らの判断でその時点で最善の安全確保行動をとることが重要です。

国土交通省 気象庁ホームページより

警戒レベル3以上が発表された場合は、速やかに指示に従い行動した方が良さそうですが、今回の熱海市に出ている警戒レベルは、最高レベル5が発表されていますから、警戒レベルだけを見ても今回の災害がいかに大きなものかがわかりますね。

『緊急安全確保』警戒レベル5とは

では、警戒レベル5とは具体的にどんなことを言うのでしょうか。

国土交通省HP

何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況で、命の危険が迫っているため直ちに身の安全を確保してくださいというレベルのことです。

今回の土砂災害は命の危険が迫る大きな災害ですから、直ちに避難し身の安全を確保してもらえるようにレベル5が発表となったのでないでしょか?

静岡県熱海市全域に『緊急安全確保』発表|ツイッターまとめ

以下、最新のツイッターの声をまとめていきます。

コロナ禍でまだまだ落ち着かない日々の中で、現実とは思えないような土石流の恐ろしさに言葉を失くしてしまいます。

 被害に遭われた方々のご無事と、これ以上被害が拡大しないことを祈ります。