事故

朝陽小学校の通学路がひどい!5年前(2016)も同じ小学生の事故|千葉県八街市

chibaken-yatimatashi

朝陽小学校の通学路がひどい!5年前(2016)も同じ小学生の事故|千葉県八街市

 

小学生の列にトラックが突っ込み、たいせつな小さな命を落としてしまう事故が、後を絶ちません。6月28日15時25分ごろに、千葉県八街(やちまた)市の、小学生が下校中に起きた事故は、小学生2人が死亡、残る3人の内、1人が意識不明の重体、2人が重傷を負っているということです。

梅沢容疑者の顔画像あり!基準値を超えるアルコールが検出されたなんて…↓

chibaken-yatimatashi
梅澤洋会社は『南武株式会社』社長会見がヤバイ!本人顔画像、SNS反応も梅澤洋容疑者の会社が『南武株式会社』だということが一気にSNS上で拡散されましたね。夜には勤務先の知念辰浩社長がインタビューに答え、テレ...

しかもこの事故、今回だけではないんです。

調べていくと、5年前(2016年)の事故は、なんと同じ朝陽小学校の生徒が被害を受けたんです。

どんな事故だったのでしょうか?

 

さらに5年前も同じような事故が起こっているにも関わらず、通学路の改善がされていなかったのでしょうか。

 

どのように改善がされたのかについて、みていきましょう。

5年前(2016年)に起きた、八街市立朝陽小学生の列にトラックが突っ込んだ事故の場所は?

5年前の事故は2016年11月2日朝、集団登校中の小学生の列にトラックが後ろから突っ込みました。

この時は死者がでてはいなかったものの、児童4人が重軽傷を負っています。とても怖い思いをしたでしょうね。

一刻も早く、通学路の改善をすべきです。

この事故現場は、今回6月に起きた事故現場と少し場所は違い、千葉県八街市文違(ひじかい)の国道409号線沿いです。こちらは大通りで、ちゃんと歩道がある道ですが、車の通りも激しいので、どうしても事故は起きてしまうのかもしれない、という印象ですね。

朝陽小学校から、文違(ひじかい)という交差点まで、徒歩で約16分です。

イオンモールが近くにあるほどですから、この国道409号線は大通りであるといえますね。

 

 

八街市立朝陽小学校の通学路がひどい!状況と改善は?

5年前の事故を踏まえ、朝陽小学校は、通学路の危険個所の見直しを行いましたが、正直なところ、これだけの改善では、事故がなくなるとは到底思えません。

 

①交差点改良工事を行い、自動車用信号を設置、道幅を広くし、スクールゾーン表記をした。
② 車両に対し、「学童多し注意」看板を2枚設置した。

 

・車両に対する注意喚起看板(電柱幕)を2枚設置した。
① 稲荷神社方面からの車両に対して設置されていた電柱幕の付け替えをした。
② 交差点内にある電柱に「重大事故発生現場」看板を設置した。

 

① 外側線の引き直しを行った。
② 「横断者注意」の注意喚起看板を電柱に設置した。

注意喚起の看板を設置して、白線を追加して、スクールゾーン表記をして、本当に事故が減るのでしょうか?

まずは早急にスクールゾーンの見直しを行って欲しいですね。

通常スクールゾーンは学校から半径500m程度が対象となります。けれどもせめて歩道と車道をしっかり分けるなどの整備をして、もう二度とこのような事故が起きることのないように、すぐに動いて欲しいです。

 

6月28日に起きた、2人の命が奪われた事故の概要は、こちらにまとめています。絶対に繰り返してはいけません!↓

千葉県八街市・小学生の列にトラック突っ込んだ場所はどこ?事故現場は?ツイッターまとめ千葉県八街市・小学校の列にトラック突っ込んだ場所はどこ?事故現場は?ツイッターまとめ 千葉県八街市(やちまたし)で、八街市立朝...

八街市教育委員会の交通安全の指導は?

5年前の八街市文違(ひじかい)での事故が起きた際、教育委員会がコメントをしています。

「子どもたちは十分注意をしていた。大人がルールを守らないと子どもたちの命を守れない」

「本当にやるせない」「二度と起こさないように書く学校を指導するが、根本的に大人がルールを守らないといけない」

出典元:東京新聞デジタル編集部

このように話されています。

子どもはルールを守っていようといまいと、車が突っ込んできては、もうどうすることもできないですよね。

通学時には常に危険があるとの指導をしてきたという教育委員会ですが、今回の事故現場は、見通しの良い直線道路で、危険個所には含めていなかったというのです。

見通しが良くても、歩道と車道が分かれていても、子どもが車と並行して歩けば、そこは危険個所になるのです。

今回の事故を受けて、全国の小中高校の通学路の見直しをしていただくきっかけになることを願います。

そして一番は、大人がしっかり交通安全を守るという事で防げる事故だと思います。