事件

【紀州のドンファン嫁】須藤早貴wiki経歴がヤバい|家族や学歴も

【紀州のドンファン嫁】須藤早貴wiki経歴がヤバい|家族や学歴【インスタ】

 

2018年に和歌山県田辺市で発生した紀州のドンファンこと野崎幸助さんが死亡した事件で、元妻の須藤早貴容疑者が逮捕されました。

 

致死量を超える覚せい剤が検出されたことで、殺人の疑いで捜査していました。ツイッターでは「やっぱり嫁だったか」という納得の声や驚きの声があがっているようです。

 

事件前にインターネットで「覚せい剤」の検索履歴インターネットで「覚せい剤」の検索履歴があり、殺害のあった時間帯に自宅にいることが判明しております。

 

また、密売人との接触も確認できており、限りなく「クロ」に近いようです。

 

ただ、実際にどのように摂取させたのかなど不明な部分も多く、引き続き捜査を続けているようです。

 

そんな須藤早貴容疑者の経歴やプロフィールについて家族や学歴について触れていきたいと思います。

 

紀州のドンファン嫁(妻)須藤早貴容疑者(すどうさき)wiki経歴プロフィール

 

 

生年月日(年齢) 1996年(25歳)
本名 野崎早貴
身長 167cm
学歴 札幌ベルエポック美容専門学校
住所・自宅 和歌山県田辺市、東京都品川区

 

須藤早貴容疑者は現在25歳です。事件発生当時の2018年で22歳でしたが、3年経過し25歳となりました。

 

 

現在は独身のため、「須藤」早貴容疑者ですが、結婚当時は野崎早貴でした。

 

 

 

身長は167cmと大きめです。かなり背が高いようですね。紀州のドンファンこと野崎幸助さんよりも背が高かったようです。

 

逮捕された時の報道では、「東京都品川区」と記載されていました。確認できている情報を整理すると、

 

学生時代札幌在住

ホスト沼にハマり東新宿へ引っ越し

紀州のドンファンと結婚し、

和歌山県田辺市の自宅へ月1回訪問

逮捕時点で東京・品川区に在住

 

このように短いスパンで日本を飛び回っています。

 

札幌時代に、ススキノのホストに通いつめ、ホストの後を追っかけて東京・歌舞伎町近くに引っ越しています。

 

専門学校卒業後は、セクシー女優などを経験してその後紀州のドンファンこと野崎幸助さんと結婚しています。須藤早貴のビデオを無料で見るなら<U-NEXT>

 

彼女の人生を振り返ると以下のように整理できます。

 

金の使い道

→ホスト、ブランド品

金の調達手段

→あっち系のビデオ出演、紀州のドンファンからのお小遣い(月100万円)

 

要するに、「カネ」に翻弄されている人生のようです。

 

紀州のドンファン嫁(妻)須藤早貴容疑者(すどうさき)学歴(中学・高校・大学)

 

須藤早貴容疑者は札幌ベルエポック美容専門学校を卒業しています。

 

※詳しくは、下記記事に掲載しています。

 

【学歴】須藤早貴はバカ?札幌の美容学校卒業後にセクシー女優へ須藤早貴の学歴は美容学校!?現在やその後が気になる! 4月28日に「紀州のドンファン」こと野崎幸助さんを殺害した疑いで須藤早貴...

 

 

場所はJR札幌駅の近くにあります。

 

 

住所は〒060-0031 北海道札幌市中央区北1条東1丁目です。

 

 

南北線や東西線が通る「大通駅」と「バスセンター駅」の中間に位置していました。

 

 

 

外観はとってもおしゃれです。都心になるため、面積はさほど広くなく、一般的なテナントビル1棟分の広さであることがわかります。

 

彼女は美容系の専門学校を卒業するも、明確な目的・目標がなかったのではにでしょうか。

 

専門学校に進学するも、明確な目標なくホストにはまる

 

「ホストへ貢ぐ」という目先の浪費が先行し、

そのために資産家と結婚するなど須藤早貴容疑者自身の人生がすべて「お金をどう得るか」ということを基準に行動してしまっていたようです。

 

人生の選択が「お金」基準になってしまっていた。

 

 

また、中学・高校については詳細がわかりませんが、札幌市内の学校であると考えられています。

 

上記を勘案すると、あまり頭がよくない学校であったと考えられそうです。

 

紀州のドンファン嫁(妻)須藤早貴容疑者(すどうさき)インスタ(Instagram)facebook

 

本物かどうかは不明ですが、インスタがありました。

 

しかし投稿はなく、フォロワーもたったの13人でフォローしている人はいないようです。

 

【インスタ】須藤早貴(ユリカ)容疑者facebookを特定か【顔画像】4月28日に紀州のドンファンこと野崎幸助さんを殺害した容疑で須藤早貴容疑者が逮捕されました。 紀州のドンファン・嫁(須藤早...

 

恐らく紀州のドンファン事件に便乗した、偽アカウントの可能性もあります。

 

詳細分かり次第追記します。

 

 

また、Facebookで「須藤早貴」と検索すると、多くのアカウントがヒットしました。

 

 

顔画像があるアカウントは須藤早貴容疑者ではないようです。

 

 

その他アイコンがないアカウントが4件ありましたが、そのうち1件は「山形県」とあり異なりました。

 

残り3件は情報がいっさいなく、特定が難しいです。

 

3年前の事件発生以降、実名でのSNSは削除していたのではないでしょうか。

 

紀州のドンファン嫁(妻)須藤早貴容疑者(すどうさき)家族

 

 

須藤早貴容疑者は父と母、姉、弟の5人家族であるといわえれています。

 

父親 会社員(医療関係者)
母親 元看護士
3歳年上
2歳年下

 

目立つような子供とは対照的に、おとなしい子供時代を過ごしていたようです。

 

野崎幸助さんと結婚したことも親へ一切報告をしなかったとか。

 

札幌ベルエポック美容専門学校を卒業していることから、学生時代までは北海道の札幌で過ごしているようです。

 

 

実家は札幌にあると考えられるため、現在も家族は札幌に住んでいるのでしょうか。

 

 

ホストに通い、歌舞伎町に入り浸っていた生活を考えると、家族のもとに帰省などもしていなかったのではないかと考えられます。