事件

須藤早貴の生い立ち|紀州のドンファンの嫁になるまでの壮絶な過去

紀州のドンファン嫁|須藤早貴容疑者の「生い立ち」から事件の背景を分析!

 

2018年に紀州のドンファンこと野崎幸助さんが何者かに殺害された事件で、須藤早貴容疑者が逮捕され世間を騒がせています。

 

2018年当初から「妻が怪しい」という噂があったものの、逮捕の決め手になるようなものがなく捜査が長期化しておりました。

 

今回、28日早朝5時過ぎに羽田空港で逮捕されたということで「整形してドバイへ高飛び」しようとしていたという疑惑も浮上しています。

 

年の差結婚をした須藤容疑者は過去にホストに多額を貢ぎ借金を抱えていたこともあったようです。⇒【閲覧注意】須藤早貴容疑者の動画はこちら

 

当時21歳の女性が覚せい剤を混入して夫を殺害しようとした事件には衝撃と動揺を隠せません。

 

須藤早貴容疑者がこのような人生を歩むことになった背景を探るために、子供時代を遡っていきたいと思います。

 

須藤早貴(ドンファン嫁)小・中・高校時代の過去|実家(出身地)は札幌

 

須藤早貴容疑者(ドンファン嫁)の幼少期・子供時代

 

紀州のドンファンの嫁として知られる須藤早貴容疑者は北海道・札幌市北区にて子供時代を過ごしました。

 

医療関係の仕事をする父と、看護師として勤務していた母親のもとに1995年に誕生。

 

3歳年上の姉と、2歳年下の弟と3人兄弟の次女として幼少期を過ごしています。

 

小学校から中学校時代は、姉や弟と鬼ごっこやバドミントンなどをして遊ぶ元気な子供だったようです。

 

近所の人にも元気よく挨拶をし、周囲の人は「とても素直な子」という印象を抱いていました。

 

幼少期の須藤早貴容疑者の話を聞くと、今回の事件を引き起こすような人ではないと感じられます。

 

両親が共働きであったことから、兄弟の仲がよく、家で過ごすというよりかは外で1日中遊びまわっているような子供時代だったようです。

 

須藤早貴容疑者(ドンファン嫁)の中学時代

 

また、須藤早貴容疑者は地元の北陽中学校に進学北陽中学校に進学したのではないかと言われています。

 

北陽中学校ではバトミントン部に所属していたようですが、とても大人しい性格だったとの証言もありました。

 

中学時代の同級生からは、「子供時代と別人みたい」と驚かれているようです。

 

須藤早貴容疑者(ドンファン嫁)の高校時代

 

 

その後、北陽中学校を卒業した須藤容疑者は、北海道札幌丘珠高等学校へ進学しました。

 

偏差値は45の学校で、札幌市東区にあります。

 

 

 

北区エリアからもバスで30分程度と通える範囲内です。北区の実家から通学していたのではないでしょうか。

 

高校時代の情報については、様々な情報が錯そうしているようです。

 

「歯茎女と言われていじめられていた」や「いじめのリーダーだった」という根拠資料の乏しい記事が散見されます。

 

「うちの高校は進学校とかじゃないんですけど、髪型や制服の着方について結構厳しかったんです。でも早貴は怒られない範囲で、いつもメイクをしていました。卒アルを見てもらうとわかると思うんですけど、眉毛とか綺麗に整えてリップもちゃんと塗っていた。特別目立つタイプではありませんでしたが、明るい性格だったのでいじめられたりすることはありませんでした。ジャニーズの亀梨和也くんが好きで、ジャニオタの友達とよく話していたイメージがあります。亀梨くんを追って、地方のコンサートにも足を運んでいたみたいですよ。
文春オンライン

 

文春オンラインによると、「いじめられたりするタイプではない」と証言されています。

 

唯一の根拠といってもいいのではないでしょうか。

 

「歯茎女」や「いじめのリーダー」という情報は誤っている可能性があるので注意してください。

 

須藤早貴容疑者は、明るい性格だったようですが、「お金持ち自慢」がひどかったようです。

 

よくクラスに1人はいますよね。

 

専門学校に進学してからもますますエスカレートし、派手な洋服やブランドバックを身にまとい悪目立ちをしていたとのこと。

 

須藤早貴容疑者(ドンファン嫁)の専門学校時代・その後(現在)

 

高校を卒業した須藤容疑者は、札幌にある美容の専門学校に進学します。

 

 

【学歴】須藤早貴はバカ?札幌の美容学校卒業後にセクシー女優へ須藤早貴の学歴は美容学校!?現在やその後が気になる! 4月28日に「紀州のドンファン」こと野崎幸助さんを殺害した疑いで須藤早貴...

 

 

美容師の資格も保有しており、「授業は休んでいたが、実技はこなせる天才肌」と評価しています。

 

SNSには海外旅行に行っている様子を頻繁に投稿しており、周囲には「株で儲けてる」「不動産で成功した知人を手伝っている」というような嘘を吹聴していたそうです。

 

そしてこの頃から札幌・ススキノのホストにハマりだし、交際をしていました。ホストへは頻繁に通い、借金もつくってしまったということでこの頃から愛人業と呼ばれるものにも手を出していたそうです。

 

愛人業とは?

経済力のある男性と愛人契約をする対価としてお小遣いや高級品をもらう行為

俗にいう「パパ活」とも似ており、月10万以上が相場といわれる

 

パパ活により荒稼ぎし借金完済、そののちにブランド品へ浪費するよういなったのだとか。

須藤早貴の動画を無料で見るなら<U-NEXT>

 

その後もしばらくホストにハマり続け、ススキノの交際しているホストが東京・歌舞伎町へ移籍することになった際にも、後を追って東京へ引っ越していったそうです。

 

執念というか、入り込みようがすごいですよね。

 

その行動力をみていると、相当のお金をつぎ込んできたのではないかと考えられます。

 

2017年の春に東新宿に引っ越し、徒歩圏内の歌舞伎町ホストに通いつめたとか。

 

実家のなる札幌には月1回の頻度で帰省し、愛猫と戯れていたそうです。

 

その後、紀州のドンファンこと野崎幸助さんと結婚したのが2018年の2月ごろなので、約1年ほどでホストからドンファンにシフトチェンジしているということになります。

 

結婚したことは、札幌の実家にいる母親にも報告していなかったようです。

 

50歳以上年が離れている人と結婚するとなると、さすがに報告するのに勇気がいりますよね。

 

以上、須藤早貴容疑者の幼少期から専門学生時代、ドンファンとの結婚に至るまでをみてきました。

 

今後20日間の拘留で、どのように警察が証拠を突き付けていくのかが見ものです。