事件

【整形】岡庭由征容疑者がイケメンになった?|父親も過去に書類送検

【整形】岡庭由征容疑者がイケメンになった?|父親も過去に書類送検

2019年に茨城県で一家殺傷事件が発生し、埼玉県三郷市の岡庭由征容疑者が殺人容疑で逮捕されました。

岡庭由征容疑者は過去にも女子中学生通り魔事件で逮捕されており、前科があります。

自宅からは10本以上のナイフが押収され、硫酸などの危険物・毒物が大量に発見されるなど実験室のようであったと報道されています。

岡庭由征の自宅(実家)は三郷市鷹野 4 丁目で特定か|両親は?岡庭由征の自宅(実家)は三郷市鷹野 4 丁目で特定か|両親は? 2019年9月に茨城県境町で一家4人が殺傷された事件で、岡庭由征(おか...

以前から「人を殺したかったが我慢していた」と供述しているようで、完全なサイコパスであるようです。

近隣住民からは「逮捕されたと思ってたらいつの間にか実家に戻ってきていたなんて怖い」という声も多く、前回の逮捕から釈放されて以降家に引きこもっていたと考えられます。

そんな岡庭由征容疑者の逮捕時の映像がテレビで報道されていますが、キリッとした表情でイケメンであると話題になっています。

一方で「前回と顔違う?」とその変貌ぶりに驚く人も少なくないようです。

【整形】岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者がイケメンになった?

岡庭由征容疑者の前回逮捕時(2020年11月)と今回逮捕時(2021年4月)の比較です。

明らかに顔の骨格から異なっていることがわかります。ひとことでいうと、イケメンになっています。

期間はわずか5カ月ほどですが、その間に整形をしたと考えて間違いなさそうです。

一番変わっているのは「目」です。2020年時点では一重で平たい目でしたが、2021年4月の逮捕時には涙袋があり、二重か奥二重になっています。

涙袋は整形する以外でつくることは難しいでしょうから、やはり整形していると考えていいのではないでしょうか。

鼻については、整形しているか微妙です。もとから鼻筋が通っている顔だちのようであるため、なんともいえません。

口は、4月時点では終始マスクをしていたので確認できませんでしたが、ヒアルロン酸の注入などしていても何ら不思議ではありませんね。

また、2020年よりも骨格がすっきりしています。これは単に痩せただけなのか、エラやアゴを削ったのか不明ですが、ここまでの短期間で顔の輪郭が変わるのかと疑問が残ります。

髪型も、依然からくせ毛であったようですが、2021年の逮捕時は長髪になっておりパーマをあてていい感じの髪型にしていることがわかります。

犯罪者に「イケメン」とは言いたくありませんが、ツイッター界隈でも「イケメン」という感想がちらほらと聞こえているのも事実です。

 

仕事はしていたのか?どこから整形のお金を入手したのか?

と疑問が湧いてきますが、恐らく家族からお小遣いをもらっていたのではないかと考えられます。

 

岡庭由征容疑者の実家は祖父が地元に土地をいくつも持っている地主であると噂されています。岡庭由征容疑者が逮捕されてからは、所有する土地を一部売ってしまったりと大変だったようですが、それなりに金を持っていたと考えられます。

 

自分自身でコツコツ貯めたとも考えにくいため、家族からのお小遣いが可能性としては高いと考えられます。

【整形】岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者の家族(父親)は?

岡庭由征容疑者は過去にも逮捕されており、釈放後は埼玉県三郷市の実家に戻って暮らしていました。

 

父親は、建築会社の社長との噂があるようです。

 

「岡庭」という苗字は埼玉県三郷市の地主に多いようです。

 

「このうちの16本は18歳未満の所持が禁じられているものであったため、埼玉県警は父親を県青少年育成条例違反容疑(有害玩具を子どもに買い与えてはいけないという条例)で書類送検しています」
週刊女性PRIME

父親は2011年に岡庭由征容疑者が女子中学生を刺した事件で、息子が刃物を所持していた責任を問われ書類送検されていました。

お父さんは測量の仕事をしていましたがここ5年は働いていないと(容疑者の祖父から)聞いたことがあります。この辺に『岡庭』という名字は多いのですが、容疑者一家は地元の名士なんです
週刊女性PRIME

いずれにせよ岡庭由征容疑者の殺人事件のせいで家族にも多大なる影響が出ていることは間違いなさそうです。