事件

八王子・小名路踏切で木を切る『撮り鉄』|場所や地図・アクセスは?

八王子の小名路踏切で無断で木を切る撮り鉄が許せない!場所やアクセス(行き方)は?

JR中央本線の小名路踏切の近くの私有地にある木が複数本切られていることが発覚しました。

線路に面した住宅に住む女性が、木がなくなっていることに気が付き、警察に通報したとのこと。

木は2メートルほどの高さで、20年以上前から植えられていたものだそうです。実はこの木は、この住宅に住む女性の亡き夫が植えた大切な気であったとか。

周囲には「撮り鉄」といわれる鉄道ファンがイベントなどの撮影で訪れる、撮影スポットとして人気が高い場所のようです。

いくら撮影の邪魔だからといって、植えられている木を勝手に切ってしまうのは犯罪行為です。

犯行現場の小名路踏切はどこらへんにあるのでしょうか?人気撮影スポットの場所・アクセス方法についてまとめました。

マナーの悪い撮り鉄のせいで「撮影禁止」となる前に行ってみましょう!

【八王子】小名路(こなじ)踏切で木を切る撮り鉄|場所や地図・アクセスは?

小名路踏切の場所は、〒193-0842 東京都八王子市西浅川町です。

googlemapには木がまだ生えている当時の写真を見ることができました。

高台のようになっていますが、かなり見晴らしがいいことがマップ上でもわかります。

場所は、JR中央本線の高尾駅ー相模湖間にある小さな踏切です。周囲は住宅街で、少し行くと山が立ち並ぶ田舎のようです。

 

踏切自体は、車が通行できない歩行者専用踏切ですが、撮影スポットとしては有名であり、早朝から待ちが発生日もあるようです。

 

アクセスは、JR高尾駅から徒歩で20分程度で到着可能です。

 

南浅川という川を渡ってたどり着くことができます。

 

歩道専用の道もあり、入り組んでいるので、慣れないうちは30分をみておけば間違いないでしょう。

 

【八王子】小名路(こなじ)踏切で木を切る撮り鉄|人気撮影スポットの理由

 

JR中央本線の小名路踏切が撮影スポットとして人気である理由は、綺麗に電車が撮れるほかなりません。

 

特に、上り列車の撮影場所として人気のようです。

 

午前中は上りが順光となり、綺麗な写真を撮影することができます。

【八王子】小名路(こなじ)踏切で木を切る撮り鉄|撮影写真まとめ

ツイッターでは昔、小名路踏切で撮影した写真を投稿される方がたくさんいらっしゃしました。どれも素晴らしい写真ばかりですね。

回送列車や貨物列車も通貨するため多種多様な写真が投稿されていました。

様々な車種の先頭から後方までを1つのレンズに収めることでコレクションしていくことの楽しさを垣間見れ多様な気がします。

ただ、小名路踏切が撮影禁止となってしまったわけではないので、「さよなら、小名路踏切」というのはまだ早いのではないでしょうか(笑)