事件

【復帰?】伊藤健太郎・示談金額(慰謝料)はいくら?なぜ不起訴?

3月25日、ひき逃げ容疑で逮捕されていた俳優の伊藤健太郎容疑者が不起訴となり釈放されていることがわかりました。

2020年の10月に渋谷区の交差点で車の運転中にバイクと衝突し、バイクに乗車していた男女に重軽傷を負わせて立ち去り、ひき逃げ容疑で逮捕されていました。

当時立ち去った理由は「気が動転していた」とのこと。

本当なら重い刑罰を受けてもおかしくない状況ですが、なぜ不起訴処分となり釈放されることになったのでしょうか?

伊藤健太郎はなぜ不起訴?

伊藤健太郎容疑者が不起訴処分となった理由は、示談が成立したことであると考えられます。

交通事故の場合、損害賠償ということではなく、事故の被害にあった相手が納得するかどうかが重要なポイントになるようです。

示談をしなかった場合に被害者に支払われる金額と、示談が成立した場合に払われる金額には当然のことながら差があります。

つまり、示談した後に支払う金額がしなかった場合と比較して大きければ大きいほど示談が成立しやすいとも考えられそうです。

今回のひき逃げ事件は、被害者の男女が重軽傷を負い、おそらく治療をしているところかと思われますが、

少なくともその治療費プラスαの金額を支払ってもらうことで、示談が成立したのではないでしょうか。

伊藤健太郎が払った示談金(慰謝料)はいくら?

それでは、今回のひき逃げ事件で伊藤健太郎容疑者はどれくらいの金額を支払ったのでしょうか?

ひき逃げをしてその後立ち去ったことを考えるとその行動はかなり問題があり、罪は重いでしょう。

しかしながら、その行動を鑑みても示談しようと思ったということなので、相当大きな金額が支払われているのではないでしょうか。

示談金の金額は過失の割合でも決まるそうです。

また、被害者が軽傷の場合は1,000万以内で解決することも多いのだとか。

今回は、「重軽傷」で2人以上の被害者がいるため、数千万円規模になった可能性も高いのではないでしょうか。

芸能人の場合は、事務所が立て替えるケースも珍しくないようです。

伊藤健太郎容疑者は、所属事務所を解雇されたわけではないようなので、今後も活動が期待されていると考えられます。

よって、事務所が肩代わりしている可能性もありそうです。

以上、伊藤健太郎容疑者が不起訴処分となった理由や、慰謝料の金額についてまとめてみました。

今後、復帰する可能性もありますが、国民や視聴者から受け入れてもらえるかが重要になってきそうですね。