事件

台頭区・清川のホテルで殺人事件|場所はどこ?犯人は誰?【ホテル草津】

 

 

3月13日午前6時前に台東区清川で「人が刺された」とホテルの従業員から110番通報がありました。

 

被害者の年齢は20歳から30歳くらいだそうです。腹部や背中など複数箇所を刺されて、病院に運ばれましたが、死亡したとのことでした。

 

殺害の直前に、別の50代くらいの宿泊客とトラブルになっている様子が監視カメラに映っていたそうです。

 

最近、早朝に殺人事件が多発しているように感じます。

 

トラブルになっていた50代の男性の部屋からは血のついた刃物が残っていたそうで、男はすでに逃走しているようです。

 

宿泊客同士のトラブルが原因の殺人事件として警視庁が捜査を進めているようです。

 

犯行現場は「ビジネスホテル草津」で特定か?

 

事件の犯行現場は台東区清川のホテルだそうですが、正確には「簡易宿泊所」になるそうです。

 

ホテルよりも宿泊料金が安く、簡易的な設備が備わってるだけの宿泊施設になります。

 

よく大阪のあいりん地区などで日雇い労働者や生活保護を受けている人が宿泊しているようなイメージです。

 

日本には、いわゆる三大ドヤ街と呼ばれる地域があり、台東区清川には「山谷のドヤ街」があります。

 

 

上のマップでいうと、細い赤で囲われているのが、「山谷のドヤ街」がある地域になります。

 

「山谷」という地名はなく、「台東区日本提」という地名のエリアが山谷と呼ばれる場所になるといわれています。

 

今回の殺人事件の犯行現場は、すぐ右隣りの「台東区清川」と呼ばれるエリアになります。

 

 

 

 

報道に写っていたビジネスホテルの場所を特定しました。

 

報道に写っていたのは、ビジネスホテル草津という簡易宿泊所でした。

 

こちらの2階が映し出されていたので、2階が犯行現場であった可能性が考えられます。

 

 

宿泊料金の掲載はなく、「電話で問い合わせください」とありました。

 

googlemapやトリップアドバイザーの評価は4~5点と非常に高く一定の人気があったのではないかと考えられます。

 

台頭区・清川のホテルで殺人事件|犯人は誰?

 

容疑のかかっている男性は50代の宿泊客であるとされています。

 

実名の公表はありませんでしたが、ビジネスホテル草津に宿泊客リストがあるため、警察は実名を把握して捜査を進めていると考えて問題ないでしょう。

 

簡易宿泊所に泊まっているため、そこまで多くの現金を持ち合わせていない可能性があります。なので、車や飛行機での長距離での逃走は考えにくいでしょう。

 

また、13日時点でかなり強い雨が降っているため電車での逃走や地下街に逃げ込んでいる可能性も考えられそうです。

 

実名を把握できれば、捜査は進みやすいですが、住所不定で個人としての情報が少ない可能性もあります。

 

いずれにせよ、詳細の情報が入り次第追記していく予定です。