スポーツ

【死去】沢村忠(白羽秀樹)病気は「がん」|ステージ、入院先の病院はどこ?

昭和のボクシング界のスター「キックの鬼」と呼ばれ続けた、沢村忠さんが78歳でお亡くなりになられました。

 

3月26日に息を引き取ったそうです。沢村忠さんは肺がんで千葉県内の病院に入院をしていたそうです。

 

沢村忠さんといえば、「真空とび膝蹴り」でKO勝ちをしまくり世間を賑わせました。

 

人気ゲーム「ポケモン」のサワムラーのモデルになったことでも有名です。

 

最近の近況は全く情報がなかったため、がんで闘病していたという事実に驚いている方も多いようです。

【死去】沢村忠(白羽秀樹)氏の病気は「肺がん」|ステージはいくつだったのか

がんを患い、闘病生活をしていた沢村忠氏はどれくらい症状が進行していたのでしょうか。

 

 沢村さんは昨夏に血たんが出るなど体調を崩し、検査したところ、4~6センチ大の腫瘍が見つかった。しかし、がんが骨まで転移していたため、手術は選択せず、放射線などの治療を行い、回復に努めてきたという。

Yahooニュース

 

沢村忠さんは、2020年の夏に体調を崩されていたそうです。その際の検査で腫瘍がみつかり、すでにがんが骨まで転移していたようです。

 

かなりステージが進行していたことがわかります。手術はせずに放射線治療などにより回復を目指していたんですね。

 

過去にガンで亡くなられた小林麻央さんは、ステージ4であると言われていました。

 

体のどの部分のがんなのかで、生存率は異なる様ですが、ステージ1〜4があり、4は「末期がん」と言われています。

 

ステージ4のがんで闘病していた有名人は、小林麻央さん、堀ちえみさんなどがいます。

 

沢村忠さんも以前から闘病生活を続けていたそうなので、ステージ4まで進行していた可能性も考えられそうです。

【死去】沢村忠氏の病気は「肺がん」|入院先の病院はどこ?

沢村忠氏が闘病していた病院はどこなのか気になります。

記事によると、

 3月26日に肺がんのため千葉県内の病院で死去していたことが31日、分かった。葬儀は30日に親族と近親者だけで行われ、千葉・市川市内の斎場でだびに付された。
Yahooニュース

千葉県内の病院であることがわかりました。

また、斎場は千葉県市川市内であったそうなので、病院も市川市内であった可能性が高いかもしれません。

国立国際医療研究センター国府台病院

国際医療福祉大学市川病院

東京歯科大学市川総合病院

行徳総合病院

大村病院

大野中央病院

タムス市川リハビリテーション病院

安藤病院

一条会病院

医療法人 式場病院

 

市川市内の大きな病院は10個ほどヒットしました。

特に、

国際医療福祉大学市川病院

東京歯科大学市川総合病院

行徳総合病院

はガンに対して優れた治療環境があるようです。なので上記3つのいずれかである可能性が高いかもしれません。