スポーツ

大谷翔平【速報】最終戦は46号HRからスタートも申告敬遠の嵐でヤバイ!!ツイッターリアル

大谷翔平【速報】最終戦は46号HRからスタートも申告敬遠の嵐でヤバイ!!ツイッターリアル

2021年10月4日、今シーズン最終戦となるマリナーズ戦に1番DHで先発出場した大谷翔平選手は、第1打席で11試合ぶりとなる46号ホームランを放ち打点を100としました。

この試合で奇跡のホームランキングへ向けて1試合3HR以上放ち、MVPとのダブル受賞となるか?はたまた申告敬遠の嵐でヤバイ試合になるかをツイッターリアルとともに見て行きます。

注目の第1打席でいきなり46号ホームランがヤバイ!!

いや〜最終戦の第1打席からやってくれましたね!!

早朝からテンション爆上がりの速報がスマホに届き、週の始まり月曜日に元気をもらった人も多いのではないでしょうか。

ライバルのゲレーロも48号でトップのペレスに並んだようですから、本当に最後の最後まで目が離せないシーズンとなりました。

第2打席は、マリナーズ必殺の申告敬遠となりましたが、第3打席以降に期待大です!!

申告敬遠の後は疑惑のストライクで見逃し三振!!

 

申告敬遠にボールにしか見えない球で見逃し三振(涙)

今シーズン何度も見た光景ですが、これを乗り越えて今尚、結果を出し続けるから大谷翔平選手のプレーに世界中が感動するんですよね。

注目の第4打席であり得ない今シーズン20個目の申告敬遠

5回のエンゼルスの攻撃で味方のタイムリーで7対2と大量リード

ツーアウトながらランナー三塁で大谷翔平選手に4回目の打席が回りますが、ここでなんとマリナーズの監督が出した指示は今シーズン20個目となる申告敬遠でした。

ここまで徹底されると、もはや笑うしかないですね(笑)

第5打席空振りの三振でHRキング万事休す!

 

マリナーズがポストシーズン出場の可能性があったとはいえ、終盤から最終戦まで徹底した申告敬遠や四球が続いたことは、強打者の証なんて言われたりはしますが、フォームを崩すことに繋がり、タイトルを逃してしまう結果になってしまったのが残念ではありますが。

エンゼルスは今シーズン序盤からトラウトなどの主力が怪我で早々に離脱してしまったことも、申告敬遠に大きく影響したのではないでしょうか

ホームランキング争いをしているゲレーロjr(7)やペレス(4)などのライバルの申告敬遠数と比べ、大谷翔平選手の申告敬遠数(20)が飛び抜けて多いのはそのせいもあるでしょうね。もちろん、アメリカンリーグの申告敬遠数一位は大谷翔平選手ですよ!(申告敬遠数は、2021年10月4日最終戦途中時点)

 

来シーズンの更なる飛躍を楽しみに、最後まで野球を楽しむ大谷翔平選手の姿を目に焼きつけましょう!