スポーツ

室伏広治スポーツ庁長官が病気で入院|病院はどこで闘病はいつから?

室伏広治スポーツ庁長官の入院先の病院やいつから闘病していたのかが気になります!

アテネオリンピックハンマー投げ金メダリストで、現在はスポーツ庁長官を務める室伏広治さんが悪性リンパ腫で闘病していると報道がありました。

強靭な肉体を持ち、無敵な印象の室伏広治が悪性リンパ腫という難病と闘っていたとは驚きです。

2004年のアテネオリンピックで金メダル獲得の瞬間を見ていた人からしたら驚きですよね。

7月からは東京オリンピックが開催されるため、スポーツ庁はかなり忙しい時期であると思います。

そんな中、ゴールデンウィーク前の4月中旬には骨髄移植の手術を行うそうで、GW明けには復帰できる見込みだそうです。

3カ月半後にオリンピックを控えた状況で、身体的にも精神的にも負荷がかかっていると思われますが、無事に治療を終えて復帰していただきたです。

室伏広治スポーツ長官の病院はどこで、闘病はいついからなのでしょうか?また、完治するのでしょうか?

 

室伏広治スポーツ庁長官が病気(悪性リンパ腫)で入院|病院の名前・場所はどこ?

1位(600件) 杏林大学医学部付属病院
2位(544件) 東京都立駒込病院
3位(510件) 国立がん研究センター中央病院
4位(434件) がん研究会 有明病院
5位(391件) 東京大学医学部付属病院

<参考>東京都 治療実績
病院名は公表されていません。上記は、「ホジキン病」「「非ホジキンリンパ腫」の治療実績を悪性リンパ腫と定義してランキング化しているものです。

1位~3位までの病院の外観や、入院個室をみていきたいと思います。

杏林大学医学部付属病院

 

〒181-8611 東京都三鷹市新川6丁目20−2

東京都三鷹市に位置していますが、アクセスはあまりよくありません。最寄り駅は、京王線「仙川駅」井の頭線「三鷹台駅」でバスで15分の場所にあります。


杏林大学付属病院 外科病棟8階個室

VIP御用達の病院というわけでもないようですので、そこまで高級な個室が多いわけではありません、

【外科病棟の入院室料金/日】

2階~7階 30,800円~33,000円
8階 個室 62,700円

8階は1室のみ、VIPルームとなっているようです。テレビやインターネット環境もあり、ソファもあります。室伏広治さんは入院中も執務をされているようなので、ネット環境が必須であると思われます。杏林大学付属病院であれば8階に入院されている可能性はあるかもしれません。

東京都立駒込病院

 

〒113-0022 東京都文京区千駄木5丁目49

駒込病院は文京区の千駄木にあります。最寄り駅は南北線「本駒込駅」徒歩10分、京浜東北線「田端駅」徒歩15分と徒歩で行けるようです。


駒込病院 特別個室

 

特別個室 22,000円
有料個室(18.4㎡) 18,000円
有料個室(17.0㎡) 16,000円
有料個室(14.0㎡) 14,000円
有料個室(12.0㎡) 11,000円

上記は、有料個室の料金です。特別個室でも、杏林大学付属病院と比較してかなり安いですね。ただ、少し設備は古いような気もします。

国立がん研究センター中央病院

〒104-0045 東京都中央区築地5丁目1−1

大江戸線「築地市場駅」から徒歩3分、日比谷線「築地駅」から徒歩5分という好立地です。建物自体も今までの病院と比べてかなり高級感があります。

上の動画は、最高級のA個室になります。個室もかなりお洒落で綺麗です。設備もかなり綺麗に保たれていますね。

A個室 110,000円/日
B個室 60,500円/日
C個室 44,000円/日
D個室 38,500円/日


国立がん研究センター中央病院 B個室

B個室もA個室の半額くらいになりますが、かなり綺麗ですよね。

 

ネット環境も良好で、仕事もスムースに行えそうです。

室伏広治スポーツ庁長官が病気で入院|闘病はいつから?どうして発症したのか

 

病気が発覚したのは、2020年の秋だそうです。半年前くらいになります。

 

「室伏さんは昨年秋、歩き方がおかしくなって、転んだりもしたために検査を受けると、脳に腫瘍が見つかったのです。すぐに開頭手術を受けたところ、脳腫瘍ではなく、脳原発性の悪性リンパ腫でした」Yhooニュース

 

歩き方に異変があり、病院で検査を受けて発覚したそうです。早期に異常を検知できてほんとによかったですね。

 

これで異変を見過ごして病院に行かなければ命にかかわっていたかもしれないとかんがえると、ほんとによかったです。

 

今のところ、具体的に発症した理由などは明らかにされていません。

 

2021年3月中旬 骨髄細胞を取り出す手術
2021年4月中旬 骨髄細胞移植手術
2021年5月GW明け 退院予定

 

既に3月中旬に一度入院しており、4月中旬に再度入院し、移植手術を行うようです。ゴールデンウイーク明けには退院を目指しており、7月開催のオリンピックへ万全の体制で臨めるよう準備しているのでしょう。

 

手術が無事に完了し、完治されることを願っています。