スポーツ

松山英樹のキャディ・早藤将太の経歴wiki|海外の反応もすごい!

4月12日にマスターズでアジア人初の優勝を飾った松山英樹選手ですが、

 

松山英樹選手を支えてきた家族以外にも、

 

キャンディとして松山選手を支えてきた早藤将太選手も話題になっています。

 

松山英樹のキャディー、早藤将太がピンを返した後、帽子を脱いで頭を下げた。 なんて光景だ。
~日本語訳~

上のシーンは松山選手がウイニングパットを決めた時のワンシーンです。

 

早藤将太キャディは、キャップを脱ぎ、深々と一礼をしたのです。

 

松山英樹選手のキャディ・早藤将太の出身地や高校は?instagramも4月12日にマスターズで優勝をした松山英樹選手に注目が集まっていますが、キャディとして松山選手の活躍を支えてきた早藤将太キャディにも注目...

 

この行動に海外から「so japanese, so cool 」といった絶賛の声が上がっており

 

注目を集めいているのでした。早藤将太キャディとはいったいどのような人なのでしょうか?

 

松山英樹のキャディ・早藤将太の経歴wikiプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Hayafuji(@shotahayafuji)がシェアした投稿

生年月日(年齢) 1993年10月7日(27歳)
身長 177㎝
出身大学 東北福祉大学4年生
ドライバー飛距離 295ヤード
得意クラブ アイアン

 

早藤将太キャディの年齢は27歳です。松山英樹選手が29歳なので、2歳年下になります。

 

身長は177センチと高いですね。現在は東北福祉大学の4年生でした。

 

松山英樹選手が福祉大出身なので、憧れの存在のようですね。

 

東北福祉大学は数々のゴルファーを排出してきた名門校です。

 

早藤将太キャディは2019年の3月にキャンディに初挑戦したようです!

 

シードを喪失したのを機に、松山選手のサポートに徹することを決めたとのこと。

 

可愛い弟キャラとして、松山選手のバッグを担ぎ、相当の想いでマスターズに臨んだのでしょう。

 

松山英樹のキャディ・早藤将太のお辞儀|海外の反応

 

マスターズでのウィニングパット後の早藤将太キャディに海外からの賞賛の声が上がっています。

 

日本人の礼儀やマナーに対する文化はやはり多くの海外の人を惹きつけるのでしょうね。

 

最近ではアジアヘイトなどが横行し、緊張感が高まっていますが、そのタイミングでの今回のお辞儀には海外の人に訴えかけるものがったのではないでしょうか。

 

この国のすべての文化が、アジアの文化が強調する規律、家族構成、原則、教育レベルを持っていて、この国に人種差別がほとんどない場合。悲しいことに、私たちには1つの人種と文化があり、すべてのレベルで深刻な遅れをとっています。

 

 

最後のホールの1つで、ザンダーがボールを拾い上げ、ハタフジがザンダーの隣に立っていたタオルを開いたままにして、ザンダースのボールを手に入れ、彼のためにそれを掃除したとき、私は大好きでした。

敬意を表する素朴なジェスチャーほど見栄えのするものはありません。最も深遠で影響力のあるものは「大きな」ものではなく、小さなものです。

最後のホールの旗は、優勝したキャディーが得るゴルフの習慣の1つです。 彼はまた、ボビー・ジョーンズとこの素晴らしいコースに敬意を表した。これはボビーの精神に基づく素晴らしい行為です。 この行為を批判する権利は誰にもありません。