エンタメ

煉獄さん『牛鍋弁当』は列車に乗る前に持っていた!その個数・今のお金でいくらか検証【鬼滅の刃】

煉獄さん『牛鍋弁当』は列車に乗る前に持っていた!その個数・今のお金でいくらか検証【鬼滅の刃】

テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編が、2021年10月10日(日)より全7話でいよいよ放送が始まります。

『鬼滅の刃』無限列車編と言えば劇場版として制作され、日本歴代1位の興行収入400億円を記録した映画です。

今回はその映画版で描かれたシーンに映像が追加されましたが、さらに驚くべきは第1話で、煉󠄁獄杏寿郎が鬼殺隊本部を旅立ち無限列車へと向かう道中の任務を描いたという完全新作エピソードとなっているそうですから、否が応でも盛り上がってしまいます。

そして、第2話~第7話は無限列車での任務を約70カットの新作追加映像などでの放送となりますから、劇場版とはまた違った『無限列車編』が楽しめるはずですよね。

そんな放送が楽しみで仕方ない『鬼滅の刃 無限列車編』ですが、主人公である竈門炭治郎たちと電車内で合流したシーンで、『うまい!』を連呼しながら駅弁を食べ続ける炎柱の煉獄杏寿郎の可愛らしさに心を鷲掴みされてしまいましたが、

今回の第1話の予告で無限列車に乗り込む煉獄杏寿郎の姿を捉えたものがあり、なぜかその両手には風呂敷に入った謎の荷物を持っていたことから、SNSで『あれは牛鍋弁当だよ、きっと』という話で盛り上がっています。

そこで今回は、煉獄杏寿郎が『うまい!』を連呼しながら食べていた牛鍋弁当を列車に乗り込む前に持っていたのか?持ち込んだ牛鍋弁当は何個だったのか?また、それは現代のお金に換算すると1個いくらになるのか?を調べていきます。

 

 

 

風呂敷に包まれた手荷物は牛鍋弁当?(笑)

10月10日放送の『鬼滅の刃 無限列車編』第1話で、無限列車を前にたたずむ煉獄さんですが、その両手には、風呂敷に包まれた荷物を持っておりSNSでは、

『不自然に両手塞がってると思った』

『両手が弁当で塞がっててもカッコイイ!』

『今、鬼が来たら刀抜けないよ?』

など、風呂敷の中身は11個の牛鍋弁当に違いない!と様々な意見が出て盛り上がっています

 

煉獄さんが持ち込んだ牛鍋弁当はホントは11個じゃない?検証してみた

まず始めになぜ牛鍋弁当が11個という話になっているのかというと、原作で食べ終わった空の弁当箱を駅員(?)が片付けるシーンがあり、その個数が11個だからなんですね。

つまりこのシーンで片付けている空の弁当箱以外にも、弁当があるのか、ないのかが焦点となるのではないでしょうか。

 

実際、何度も映像を確認して弁当の数をツイートしている方もいました。

皆さん何度も何度も、無限列車に乗車してひたすら牛鍋弁当の数を数えたみたいですが、数がバラバラすぎて確証が持てない(笑)

なかには、22個とか報告されている方もいましたが、全体的には13個〜15個が多かったので、ここの範囲内に真実があるかも知れませんね。

そこで私も『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』の映像をチェックしてみましたが、

牛鍋弁当は全部で13個

でした。

私が確認出来たのは、女性の駅員さん(?)が二人でアタフタしながら片付ける積み上がった空箱のシーンで、他に空箱が出てくるシーンはなかったように見えました

ですが、もしも他に見落としがあるならそれ以上ある可能性もありますから、気になる方は実際に確認してみるのも楽しいかも知れませんね。

これは、劇中とか原作ではないですが、無限列車の展示内でなんと、煉獄さんが食べた牛鍋弁当の空箱が片付けられずに積み上げてある画像です!

その数は驚愕の18個!!

さすが柱の煉獄杏寿郎!これだけ食べて、あの高速の動きとかヤバすぎます。

牛鍋弁当は当時は高価な食べ物?現代のお金に換算するとスゴイことに

 

鬼滅の刃の時代設定は大正時代なので、お金の価値も当然ながら今とは違います。

現代の私たちには使用したことがない『銭(せん)』という貨幣が流通している時代。

100銭で1円ということなのですが、当時の貨幣価値は今よりどのくらい高かったのかといいますと、

日本のお金の価値については、物価指数という指標を使って計算できます。

日本銀行が記録している企業物価が 1つの参考材料になりますが、大正時代では曖昧なので、大正2年と、大正15年を例にすると、計算式は、2009年の企業物価指数664.6を、1913年の指数0.647と、1926年の指数1.157でそれぞれ割ってみれば、いいということになります。

で、 664.6÷0.647=1,027.2 664.6÷1.157=574.4 となるので、 大正2年の1円は現在の約1027倍の価値があり、大正15年の1円は現在の約574倍の価値があるということです。

だから一万円あれば家や車が買えたということです。

この数字は日本銀行と旧大蔵省のだした数字です。消費者物価指数は当時記録がなかったので、消費者感覚ではまた違います。ーYahoo知恵袋ー

ということなのですが、お金の価値は日々変わっていて、他にも色々調べてみると現在の価値としては、1円=2,000円くらいが妥当なようなので、これで計算していきます。

それでは、煉獄さんが食べた『1つ36銭の牛鍋弁当』は現代の価格では合計で一体いくらになるのかを、

食べたお弁当の数を13個と18個だったらで見ていきます。

牛鍋弁当が13個の場合

36銭✖️13個=4円68銭

1円は4,000円なので、16,000円

1銭は40円なので、2,720円

合計は、18,720円となります。

牛鍋弁当が18個の場合

36戦✖️18個=6円48銭

1円は4,000円なので、24,000円

1銭は40円なので、1,920円

合計は、25,920円となります。

現代の価格に直していくと良くわからなくなってきますが、当時の小学校教師の初任給が50円くらいだったといいますから、駅弁にこれほどの金額をかけられる煉獄さんがいかにお金を持っていたのかわかるエピソードですね。

煉獄さん弁当にいくら使ったか検証|柱は高級取り?テレビアニメ【鬼滅の刃】煉獄さん弁当にいくら使ったか検証|柱は高級取り?テレビアニメ【鬼滅の刃】 2021年10月10日(日)23時15分から、テレビアニメ『...

煉獄さん牛鍋弁当の個数・金額のまとめ

煉獄さんが無限列車内で食べた牛鍋弁当は、列車に乗る前に持っていたのか?また、その個数はどれだけあったのか、現代のお金に換算するといくらくらいなのかを調べてきました。

お弁当の個数については、原作や劇場、イベント時の展示品で全て異なっていたので、今回のテレビアニメ版『鬼滅の刃 無限列車編』で煉獄さんが平らげるお弁当の数もまた違うかもしれませんね。

また、大正時代のお金の価値と現代にこれほど違いがあるのは驚きでしかなかったですが、高級なお弁当を好きなだけ大人買い出来る柱の煉獄さんの懐具合と、胃袋にはただただ唖然とするばかりです(笑)

今回、調べてきた列車前で両手に持つ風呂敷の中身や牛鍋弁当の数などを2021年10月10日(日)午後23時15分からフジテレビ系列で放送のテレビアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』で、あなたも是非、確認してみてください。

まだ『鬼滅の刃』は見たことがないという方も、今からでも間に合うのでU-NEXTでチェックしてどっぷりハマりましょう!