エンタメ

中国人気アニメがすごい!日本でも公開された映画とその他の注目作品とは

中国人気アニメがすごい!日本でも公開された映画とその他の注目作品とは

 

漫画やアニメというと日本の漫画やアニメが世界的に有名ですが、数年前から中国で制されてきたアニメのクオリティがどんどん上がり、今や日本でも中国アニメは人気なのですが、知らない人もいるかもしれませんよね。

そこで今回は、日本でも公開された中国アニメ映画にはどんなものがあるのか、また今後の公開が予定されている注目作品について調べていきます。

中国人気アニメがすごい!日本でも公開された映画とは

日本では、まだまだ吹き替えなども少なく馴染みが薄い中国発のアニメですが、アニメーション技術を目の当たりにして日本のアニメ業界関係者も驚いたそうですから、機会があれば是非、見てみたいですよね。

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)僕が選ぶ未来』

roshaohenseiki

2020年の秋に日本でも日本語吹き替え版が公開され、日本では文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品となった中国国内で大ヒットした映画です。

この映画は、アニメ監督であり漫画家のMTJJと寒木春華(HMCH)スタジオが製作したアニメ映画で、元々は動画サイトで公開されたWEBアニメシリーズが話題を呼んだことで、その後製作され大ヒットしたアニメ映画なんですが、

この『羅小黒戦記』はどのくらい大ヒットしたかというと、中国国内で約49億円という大ヒットを記録したんです!

その後、2019年に日本で小規模ながら字幕での公開を経て、ファンや業界関係者から絶賛され、後押しもあって吹き替え版が全国公開となったんですね。

これだけでも興味が出て来ますが、メインキャストを演じる声優さんがまたスゴイんです!

主人公のシャオヘイ役を花澤香菜さんが演じます。

花澤香菜さんといえば見た目が可愛らしのはもちろんですが、さまざまな人気作品で個性的なキャラ達を演じて来ていますよね。

深海誠監督作品では、2013年5月に公開された新海誠監督の『言の葉の庭』のヒロイン(雪野百香里)を演じていますが、このヒロインは後の深海監督作品である『君の名は。』でも、三葉の通う学校の古典教師役として同じ役を演じていますし、

他にも、コロナ編が発表され話題になった『働く細胞』での赤血球役や、日本映画の興行収入ランキング1位の記録を大幅に更新した大人気アニメ『鬼滅の刃』で、恋柱“甘露寺蜜璃“を演じるなど今や推しも推されぬ人気声優さんですから、どんなキャラを演じているのか気になって来てしまいますね。

他にもムゲン役を『機動戦士ガンダム00』の主人公、刹那・F・セイエイや、『DEATH NOTE』の主人公、夜神月、『東京喰種トーキョーグール』の月山習などを演じているこちらも人気声優の宮野真さんや、フーシー役を『金色のガッシュベル‼︎』の主人公、高嶺清麿や『鬼滅の刃』の冨岡義勇、さらに『呪術廻戦』の夏油傑など人気作品に出演多数の豪華声優陣が演じていますから、ネット配信や販売などがいつになるのか気になるところです。

令和3年7月9日(金)12:00~ロシャオヘイセンキ本編がスタートします!まだ登録していないって人は、31日間なら無料で観る事が出来るので、この機会に一気に観るいいチャンスかもしれないです!(情報は2021年7月3日時点のものです)



ロシャオヘイセンキを無料で観るならこちら

 

全職高手(マスターオブスキル)

masterofskil

引用元:amazon

オンラインゲームのプロゲーマーが主人公のオンライン小説が原作のアニメで、こちらも綺麗なアニメーションで物語に引き込まれてしまいそうです。

現在、原作小説の日本語版が4巻まで出ており、また、アニメはセカンドシーズンのみが日本語字幕でWeTVで配信中となっています。

映画版が2019年8月に中国で公開となっていますが、残念ながら日本未公開で今のところ公開情報はありませんから、日本語吹き替えでの上映やネットでの動画配信を期待したいですね。(情報は2021年7月3日時点のものです)

ですが、どうしてもストーリーが気になる人に一つ朗報があります!

それは、実写ドラマ版全40話がNetflixで独占配信中だということです。(情報は2021年7月3日時点のものです)

 

アニメを見る前に実写ドラマ版で予習をしてみてはいかがでしょうか。

Netflixを無料で登録するにはこちら